クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 言論弾圧ジャーナリスト(自称)

<<   作成日時 : 2016/07/28 11:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

    鳥越氏、週刊新潮にも「選挙妨害」と抗議文

 28日に発売される週刊新潮の記事について、東京都知事選(31日投開票)に立候補している鳥越俊太郎候補(76)の選挙事務所は27日、「事実無根」として、週刊新潮編集部に抗議文を送付したと発表した。

 記事は、鳥越候補に関して過去に女性問題があったとする内容で、抗議文は「明確な選挙妨害」としている。鳥越氏側は、同じ問題を取り上げた21日発売の週刊文春記事について公職選挙法違反と名誉毀損(きそん)の疑いで東京地検に刑事告訴しているが、週刊新潮記事についても告訴する方針。

 週刊新潮編集部の話「記事には明確な根拠があり、選挙妨害や名誉毀損には当たらないと考える」

読売新聞 2016年7月27日(水)

 文春とは別ネタかと思ったが、どうやら13年前にすでに新潮はつかんでいたが、何らかの理由で没ネタとしていたらしい。が、今回、文春が報道した事で、新潮が持っていたネタを開放する事にしたと言う。

 これに対し、自称ジャーナリストは、これまで政治家などに疑惑が出たら、まず自分の口で説明しろ!言論の自由を守れ!と言ってた事など忘れたかのように、文春に続き新潮にも抗議文と、今日にも検察に告訴するらしい。

 だが、今この時期に、「文春」「新潮」と言う有力週刊誌が、何の根拠も無くこう言う事を書いた場合のダメージは当然わかった上で出している以上、これが鳥越が言うような「事実無根」である可能性は限りなく低いと思うけどねえ。

 もし文春が飛ばし記事だったら、新潮はそこを徹底的に叩くほうに回るのが自然であり、後追い記事になるのにこれを出す、と言う事はこれがいかに真実に近いと言うことの証明のようだ。

 鳥越は完全に間違った。相当昔の話なのだから、その事実を有る程度認め、間違った事をしてしまったと謝罪し、それを踏まえてそう言う問題が起きないような方策を考えると言うくらいにしておいたほうが、女性票は入っただろう。だが、無理やり「事実無根」を主張して、一切謝罪しなかった事が、無党派層、特に女性票が離れて行く結果になった。あれほど以前から説明責任、自らの口で言う事の大切さを言ってたのに、わが身に降りかかった時、そう言う対応を取れなかったのが悪い。

 ざま〜みろ、でしかないが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
小池氏を支持する都議会議員、おときた駿氏がブログで明日発売の文春の「強姦疑惑」に対して全面否定(文春の取材の模様をネット中継しようと提案したそうですが、断られたそうです)した上でこんなことを書いてます。
 
 擁護するつもりもありませんが、鳥越さんの記事しかり、「疑惑」をつければ何を書いても許されるんしょうね、彼らの中では。
 
 今回の新潮も、この鳥越ネタを日ごろの新潮のスタンスからしたら、13年前にボツにするとは思えないのですがどうでしょうか。何か新事実が出て来たなら別ですが。正直「文春砲」とは、情報がリークされた場合のみ意味あるもののような気がします。
小池氏と増田氏に絞られつつある選挙戦ですが、両陣営の激しい罵り合いにはウンザリします。石原パパが小池氏を「虚言癖のある厚化粧の大年増」と攻撃すれば、小池氏はなんと日刊ゲンダイで石原親子を嘲笑・挑発。
都民はみんな、笑って笑ってシラけてますよ。
このまま建築しても
2016/07/28 23:01
おはようございます。
新潮がなぜあの時は報じなかったのかをきちんと書いているか気になりますが、わざわざ買う気にもならないんで誰か教えて欲しい所です。

今回の鳥越の淫行問題、対処の仕方次第ではたいした問題にならなかったと思うんですよ。とにかく古い話ですし。

それを全面否定だけして、一切自ら説明しない、その姿勢が彼を知事選から事実上、引き摺り下ろしたような。それだけじゃなく、大島など島嶼部は消費税を半額になどと言う、出来ない大風呂敷を笑われてしまったし、増やすはずの街頭演説、遊説も依然増やせないまま。

なんで立候補したのか小一時間問いただしたいところです。

で、増田、小池のネガキャン合戦、都民だけじゃなく地方から見てもみぐるしい限りですね。
クルトンパパ
2016/07/29 07:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
言論弾圧ジャーナリスト(自称) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる