クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡田の妄言

<<   作成日時 : 2016/08/04 12:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

小池氏勝利は安倍政権を突き崩せる前例になる

連載:岡田克也のズバリ直球

 東京都知事選が終わった。小池百合子都知事の勝利は「政党から独立して1人で戦う」というイメージをつくった、戦術の勝利といえる。

 実際、小池氏は自民党都連の会長代理を務めていた。自民党都連に都知事選の「推薦願い」を提出したが、受け入れられないと分かって取り下げた後、自民党都連批判に転じた。うまく都民にアピールした。

 自民党都連は、石原伸晃会長(経済再生担当相)や、内田茂幹事長らの連名で「(親族を含めて)非推薦候補を応援すれば除名対象」という通達を出した。その後、伸晃氏の父、石原慎太郎元都知事が「大年増の厚化粧がいる」「私の息子も苦労している」などと発言した。

 親子で小池知事誕生に「大貢献」したという皮肉な見方もある。

 わが民進党を含む野党4党が推薦した、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏は本当に頑張ってくれた。ネガティブキャンペーンもあったが、健闘した。決断してくれたご本人はもとより、支えてくれた方々にも心から感謝したい。

 今後の注目は、小池氏が選挙戦で約束したことを実現できるか否かだ。自民党都連をあれだけ批判していたのに、投開票前後から、微妙に発言が変化してきた。すべての問題で対立する必要はないが、「五輪利権の追及」や「自民党的体質との決別」など、重要なポイントは外してはならない。(後略)

ZAKZAK 2016年8月4日(木)

 いろいろ言っているようだ。このあとではなんだかんだと小池氏に対し注文を出したり、自分が代表選に出ない事を報告したり。

 が、なんと言ってもこのタイトル、これで馬鹿さ加減がわかってしまう。

 小池氏が勝った事が安倍政権打倒の前例になる?その小池氏の戦術は「政党から独立して1人で戦う」というイメージにあると言うのならば、民進党は全部解党し、全員が無所属で戦うのか?

 石原親子が間違った事は間違い無い。だが、岡田も地方都市で成功した部分があった4野党共闘をたいした検証もせずに東京でも通じるとやって失敗したのに、なんと総選挙でも続けるべきだと言うのだから、呆れて物が言えない。

 しかも鳥越の敗因の中に「ネガティブキャンペーン」を挙げているが、これはあの「淫行問題」の事か?それは違う。確かに古い話で、何故このタイミングで、と言うのはあるかもしれないが、文春、新潮を読む限り、鳥越が言ったような「事実無根」ではないと言う印象が強いのに、しかもジャーナリストと言いながら、自らの言葉で何の説明もしないと言う鳥越の姿勢が受け入れられなかったと言うことを認めないと、今回の敗戦の検証は1mmも進まない。

 こんなのが代表を民主党から代わらず務めたから、民進党は参院選でも敗北したのだよ。なんとか前回よりよかったのは、共産党の力を借りたから。今後は共産党に支配される事になるぞ、共闘を続ければ。考え直さないとね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
まあ、センスというのはある程度生まれついてのもので、ない人間には全くない、岡田はないまま終わった。そういうことではないでしょうか。
地方で野党共闘が一定の結果を残したのは、別にその戦術が支持されたわけではないと思います。一向に止まらない日本の没落がまず地方を直撃し、自民への失望票が野党に流れただけ。共闘は関係ないです。
岡田は「どうして政策への支持率があんなに低い自公政権に自分達は負けるんだろう?」と考えた事はないのかなあ。
ま、お疲れ様でした。これからはイオンのバーゲンセール会場でお会いしましょう。
このまま建築しても
2016/08/05 20:30
こんにちは。
岡田には一番大事な政治センスが無いと言うのは間違い無いようです。

センスがあれば、新党結党時に自分が代表じゃだめだとわかったはずですし。

4党共闘はそれなりの効果はあったでしょうが、実はそれ以上の毒を党内にもたらしていることすらわかってない。

もしかしたら蓮舫の方がまだ、そこらがわかってるから見直しを口にしたのかも。だとしたら、蓮舫にすら及ばない愚か者と言うことです。
クルトンパパ
2016/08/08 15:13
パパさん、こんにちは。
 民進党支持層というのは、与党の悪口を言っていれば、それがどのような内容であれ正しいと思い込む人間であるという事です。
 何故批判と言わず悪口と言うかというと、批判と言うには根拠がなく、論が通っておらず、正誤の確かめも取らないからです。
 これは選挙の時にも現れます。
『自民党の○○さんは○○というスキャンダルがある』とか平気で流します。
 実際には逆でデマを流した候補のスキャンダルでしたが、彼らの支持層はそんなことを気にしません。
 何故なら与党の悪口を言っている=リベラル=正義だからです。
 これは朝日・毎日購買層にも当てはまります。
だから漢字問題やカップラーメンの値段など、国会議員失格の事を言っていても批判しない。
 これが日本におけるリベラル層という一見賢そうに見える層の実態で、それに支持されているのが、社会党系です。
 つまり岡田も蓮舫も、その代表として相応しい人間だったという事です。
 期待するだけ無駄ですね。
世界史は面白い
2016/08/08 18:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡田の妄言 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる