クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 民進、終わりの始まりか

<<   作成日時 : 2016/08/10 14:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

<民進党>「蓮舫代表」無投票の動き…非執行部系は反発

 9月の民進党代表選で、執行部内に蓮舫代表代行の無投票当選を模索する動きが出ている。現在の執行部の骨格を維持する狙いからだが、非執行部系は代表選後の人事刷新を主張しており、反発を強めている。【朝日弘行、樋口淳也】

 非執行部系の細野豪志元環境相は9日、記者団に「新しい代表をしっかり支える立場に立ちたい。代表選の出馬は見送りたい」と語り、不出馬を正式表明した。蓮舫氏について「極めて有力な候補だ」と支援に前向きな考えを示した。

 蓮舫氏の支援の中核は岡田克也代表、枝野幸男幹事長、安住淳国対委員長ら執行部メンバーだ。岡田氏は4日の記者会見で「新しい人が力をつける中で選挙はきちんとやった方がいい」と語ったが、岡田氏側近は「野党の代表選は『コップの中の嵐』で世間の関心はない。無投票でいい」と対抗馬擁立の動きをけん制している。

 非執行部や中間派は、現執行部が影響力を維持する狙いがあると警戒する。中間派の旧維新の党グループの幹部は無投票について「頭(代表)だけ代わって体(執行部)はそのままになりかねない」と懸念を示す。党勢回復には政権を失った旧民主党の中軸が主導する現執行部の刷新が必要との意見も根強い。

 ただ、有力候補とみられた細野氏が非執行部系とたもとを分かったことで、対抗馬擁立はさらに難航しそうだ。細野氏との連携を模索してきた前原誠司元外相は戦略の練り直しを迫られ、9日にはリベラル系の赤松広隆元農相と会談して支援を要請。長島昭久元副防衛相らとの一本化で出馬を目指すが、「無投票阻止を掲げて前原氏を差し出すことはできない」(前原氏側近)と厳しい状況に追い込まれている。

 無投票になれば、蓮舫氏に白紙委任を与えることになる。大畠章宏元経済産業相のグループや旧維新グループなどは「無投票阻止」に向け連携できる候補を探っており、対抗馬擁立の動きはお盆明けにヤマ場を迎えそうだ。

毎日新聞 2016年8月9日(火)

 民進党は自壊をするつもりらしい。支持率が上がらない中で、せっかっく代表選挙と言う絶好のアピールの場がやってきたのに、無投票?訳がわからん。

 下野した直後でも自民党の総裁選挙は3名が立候補して、全国の党員・党友も投票する形で、新しい自民党の形をアピールした。今、まったく新党であるにもかかわらず、その効果が現れていない、その政策も国民に浸透していないのだから、民進党こそ全国の党員・サポーターが投票できる形で、少なくとも3名以上が立って、全国民に対し、民進党が何を目指しているのか?自民党とどこが違うのか?をアピールすべきだと思わないのか?

 まだ前原元代表が立候補を模索しているらしいが、20名の推薦人選びに苦労していると言う。前原派が20名前後しかいないのだが、それにしてもだ、現執行部の体制、方針に納得していない議員がかなりいると言われているのに、代表代行の蓮舫で良いのか?

 共産党との共闘を見直すと言う事は言ったが、本当に見直す事が確認できた訳でもないし、岡田が支持を表明したと言うことは、そのまま、現執行部の方針を継承するからと言うことだろう。

 となれば、当然、細野も本当は蓮舫支持など出来る話じゃない。だが、ヘタレ細野は強い者になびいた。
 また、蓮舫が言うように、共産党との共闘関係を見直し、憲法改正も否定しないと言うのが事実ならば、旧社会党系も断固認められないはずなのにねえ。

 さらに党内最大派閥の維新の党系も何をやってるんだ?と言うことだ。完全に民主党の中に埋没していて、まったく存在感を示せていない。維新の党系は民主党をどのように変えて、新しい民進党と言う政党を作って行こうとしているのか?をアピールしないで良いのか?

 民進党って本当に何を考えているのか?意味がわからん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
民主党(あえて民主党と呼びます)ってまともな代表選挙ってやったことってありましたっけ。
 民進党では初めてとか、そんなくだらない言い訳はどうでもいい。
 たしか以前もパパさんが民主党のサポーターが代表を選ぶ権利を行使できないと書いていたかと思います。
 今の党の内容に疑義や不信を持っていても、それを言わない、言えない。
 鳩山や菅の言動に対しても内部からの批判はあっても表立って実行に移すことは絶無。
 当選する事、議席を確保するのが目的で、それが全て。
 与党の政策への批判のための批判しかしない癖に、自分たちの行った政策の失敗には一切言及しない。
 仕分けで災害の被害が拡大し、復旧が遅れたことへの自己批判など聞いたことが無いですね。
 反省しない政党が良くなるわけがない。
せいぜい党の名前と代表の顔を替えて、騙される馬鹿をあざ笑うだけです。
 
世界史は面白い
2016/08/11 09:03
世界史は面白いさん、おはようございます。
超亀レス申し訳ありません。休暇中は一切パソコンに触れないものですから。

民主党時代からいわゆる党員・サポーターはほとんど代表選での投票権が活かされないのがこの党です。どこが民主なのか聞きたいくらいですよ。

せっかくのチャンスなのに、それを潰し、蓮舫でというのが頭が悪い。
確かに蓮舫は東京選挙区、連続トップ当選ですが、前回から70万票も減らしているんです。支持を失ないつつあるのに、民進ではほかに候補者がいない。

これが野党第1党かと思うと暗澹たる思いになります。
クルトンパパ
2016/08/17 07:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
民進、終わりの始まりか クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる