クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 当然極刑(4児殺害母)

<<   作成日時 : 2016/08/23 08:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  兄妹4人死亡、母親を殺人容疑で逮捕 無理心中か

 福岡県須恵(すえ)町の住宅で22日、10〜3歳の子ども4人の遺体が見つかった事件で、県警は同日夜、4人の母親で無職の淵(ふち)純子容疑者(41)を殺人の疑いで逮捕し、発表した。

 捜査1課によると、逮捕容疑は22日未明、須恵町須恵の自宅で、4人のうち小学1年の美唯(みゆ)さん(6)の首をケーブルで絞め、殺害したというもの。同課は、他の子ども3人についても淵容疑者が死亡に関与したとみて調べる。

 淵容疑者は手首を切って病院に搬送されたが、命に別条はなかった。無理心中を図ったとみられる。

朝日新聞デジタル 2016年年8月22日(月)

 無理心中などと呼ぶべきではない。心中と言うのは当事者全てが死を選択する事に同意している場合のみ。今回のようなケースは単純に4児殺害事件以外の何物でもないのだよ。
 
 母親は手首を切ったと言うが、浅いものだと言う。本気で死ぬ気ならば頚動脈を切るとか首をつる。単なるポーズだと言われても仕方無いレベル。

 何があったか知らないが、夫がいて、前夜も普通に過ごしていて、それでいきなり4人を殺した。どうやら不安定な言動が合ったと言う話もあるが、何の罪も無い4人の命を奪う理由など1mmもあるはずが無いのだよ。

 こう言う殺人事件をわが国では「無理心中」などと呼んで、どこか美化しているような気がする。
 実際問題、いわゆる「無理心中」の場合、複数、中には5名を殺害しながら死刑にならなかったと言うケースもあるくらいで、通常ならば3名殺害すれば死刑判決が出ておかしくないのに、死刑どころか無期にすらならず、有期刑になってる場合も多い。

 何らかの汲むべき事情がある、と言う判断なのだろうが殺される側には汲むべき事情などまったく関係無いのだよ。

 厳しく断罪すべきだ。限り無い可能性と無限の夢がある子どもの命を、身勝手な思いだけで4つも奪った以上、自らの命で償う以外、方法などあるはずは無いのだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
当然極刑(4児殺害母) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる