クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡田の馬鹿は救いようが無い

<<   作成日時 : 2016/08/01 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  岡田克也氏、民進党代表選に不出馬の意向

 民進党の岡田克也代表が9月に予定される党代表選に立候補せず、代表を退任する意向を固めたことが30日、わかった。複数の党幹部が明らかにした。30日夕にも記者団に発表する。

 民進党は、岡田氏の任期満了に伴う代表選を9月2日に告示し、15日に臨時党大会を開き、投開票を行う日程で調整している。

 代表選をめぐっては、各グループが候補者擁立に向け活動を活発化させており、岡田氏の不出馬で党内の動きはさらに加速するとみられる。

産経新聞 2016年7月30日(土)

 この馬鹿は何をしたいのか?松原都連会長が思わず批判したように、都蓮の思惑を覆し、自ら担ぎ出した推薦候補の劣勢が伝えられる中で、最終盤になぜ、こう言う士気を下げるような発言をするのか?がわからん。出馬辞退表明が今日であってまずい理由などどこにも無いんだし。

 こいつは応援に行った後も、スケジュールに入ってたから行っただけだ見たいな事を言って、負け戦確実の都知事選挙で、自分が推した鳥越敗戦の責任から逃れようとしているとしか見えなかった。土曜に慌ててこう言う事を表明したのも、これで自分に対する追及をそらそうと言う事なんだろうな。

 大体、今かよ!と言う話だ。現有議席を2割も減らしておきながら、そして、絶対に阻止すると最大目標だった自公など改憲勢力3分の2阻止すら出来なかったのに、何をまるで飼ったかのように振舞えるのかわからん。

 本当ならば、参院選敗北後に辞任すべきだったんだよ。それが出来なかった段階で、こいつはだめだと言うことだ。やめて良かったね、と言いたいくらい。

 で、「後任候補は?」と言う問いかけに対し、「そう言うことを自分が言わないほうが良い」みたいな事を言いながら、「4党共闘は続けるべきだ」として、現執行部、もしくはその近くの人間を据えたいと言う思いが見え見え。

 それにしても上がってくる名前が、蓮舫、長妻、前原、細野とまったく民主党時代と代わり映えがしないのに呆れるしかない。最大派閥を作った維新の党系は誰も出さないのか?本当ならば、都知事選で名前が出た長島議員くらいを担ぎ出すくらいの劇的な事をやらないと、民進党が民主党とは違う、変わったんだ、と言うイメージなど出てこないと思うけどな。

 べっつに構わんけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
おお。岡田が辞めるという朗報にだけ反応して、それ以外のことを忘れていました。たしかにパパさんがおっしゃる通り、なんであのタイミングでなんだですよね。
いずれにしても今度こそ、現在の日本の課題にしっかり向かい合える人が党首になって欲しいです。このままでは日本は沈むばかり、という正確な認識と危機感を持っている人間はいないですかね?
このまま建築しても
2016/08/01 18:38
このまま建築してもさん、おはようございます。
岡田は間違いなく責任逃避のため、あのタイミングでの出馬辞退表明でしょう。

何の責任も取らず、平気でいられる肝っ玉だけはなかなかのものですが、日本が良くなるためにはきちんとした野党が必要なんです。まじめな野党があってこそ、初めて与党も良くなれるんですから。
クルトンパパ
2016/08/02 08:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡田の馬鹿は救いようが無い クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる