クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 総理、真珠湾訪問

<<   作成日時 : 2016/12/06 14:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

安倍首相、真珠湾訪問へ=歴代初「未来に不戦の決意」―26日から、オバマ氏と慰霊

 安倍晋三首相は5日、今月26、27両日の日程で米ハワイを訪れ、第2次世界大戦で日米開戦の舞台となったホノルル市の真珠湾を訪問すると発表した。

 日本の現職首相が真珠湾を訪れるのは初めて。オバマ米大統領とともに犠牲者を慰霊し、併せて最後となる首脳会談も行う。首相は「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならないという未来に向けた決意を示したい」と訪問の意義を訴えた。首相官邸で記者団に語った。

 オバマ氏は今年5月、現職の米大統領として初めて、米国が原子爆弾を投下した広島市を訪問している。旧日本海軍が奇襲攻撃を行った真珠湾を日本の首相が訪れることは、その返礼の意味合いがあるとみられる。首相とオバマ大統領は27日に奇襲攻撃で沈んだ戦艦アリゾナの記念館を訪問する方向だ。岸田文雄外相が首相に同行する。

 首相は真珠湾訪問について「犠牲者の慰霊のための訪問だ」と説明し、「日米の和解の価値を発信する機会にもしたい」と表明。日米の戦後に終止符を打つとともに、同盟深化を内外にアピールする狙いを強調した。

 昨年4月に米議会上下両院合同会議で戦後70年の節目を踏まえて演説したことにも触れ、「(それ以降)真珠湾を訪問することの意義、象徴性、和解の重要性について発信したいとずっと考えてきた」と説明。11月にペルーでオバマ大統領と立ち話した際、最終的に決まったと明かした。

 首相はオバマ大統領との会談を「これまでの集大成」と位置付け、「この4年間、あらゆる面で日米関係を発展させ、アジア太平洋地域や世界の平和と繁栄のためともに汗を流してきた」と指摘。先の広島訪問に関し、「核なき世界に向けた大統領のメッセージは、今も多くの日本人の胸に刻まれている」とも述べた。

 真珠湾攻撃は1941年12月8日(日本時間)に行われ、米側に多数の犠牲者が出た。今年は75周年の節目で、日本政府はオバマ大統領の広島訪問と並行して、水面下で米政府と調整していた。
 
時事通信 2016年12月5日(月)

 賛否あろうと思うが、オバマ大統領が広島を訪問した今年、日本の現職総理として史上初めて安部総理が、太平洋戦争のきっかけとなった真珠湾を訪問する事の意義は大きい。

 いまだ日本人がヒロシマ・ナガサキを忘れないように、アメリカ人も決してパールハーバーを忘れない。その地に両国のトップが訪問する、それだけで非常に大きな意義がある。

 菅官房長官が発表したように、これは「謝罪」のためでは無く、多くの命が失われた戦争遺跡であり、何より、今は強力なパートナーシップに結ばれている日米両国が史上唯一、戦争をしたきっかけとなった真珠湾と、終結に直結したヒロシマ(本当は長崎にも来て欲しかったのだが)を相互に訪れる事、それはまさしく一区切りをつけると言う大きな意味があると思うが。

 こう言う事に対しても、すぐに「核兵器禁止条約に反対したくせに、単なるポーズだ」などと批判する向きがいるが、愚かとしか言いようが無い。核兵器廃絶は簡単な話じゃなく、また単純な事でもない以上、条約全てをすぐに受け入れられなくても、日本は間違いなく非核を貫いているし、オバマがなんとか核を減らそうとしたのは事実であり、また何より即時核兵器全廃に動かなくても、太平洋で繰り広げられた惨禍に対し、日米両国の首脳が頭を垂れ、御霊を慰め、二度と戦争を起こさぬ事を誓い、平和を祈念するのは絶対に良い事ではないのだろうか?

 また馬鹿丸出しの朝鮮慰安婦詐欺を支援すると言う者などは、「真珠湾より先に、大戦で傷つけた中国や韓国などアジアを先に訪問すべきだ」などと言う。だが中国はまだしも本来、当時は日本であった韓国は大戦では傷つけられていないし、彼らは被害者ではないのだから、何を日本が詫びろと言うのか?だ。こう言う連中はアジアと言うと中国・韓国・北朝鮮しか知らないが、もっとも被害を与えた東南アジア諸国はすでに日本の謝罪を受け入れ、寛容の精神を持って許している。

 いつまでもたかり精神のまま、なんとしても日本の謝罪を受け入れない国などに行くより、当然、最大の同盟国であるアメリカの傷を癒やす方が遥かに必要な事である。

 これであの大戦が全て無しにはならない。だが、両国のトップがもっとも大きな傷を与えた地に趣き、頭を垂れる事は非常に大きいのだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。お元気でしたでしょうか。
それにしてもこの訪問、私も首相の英断だと思います。日本ではいまだに「当時の日本は英米に包囲網をつくられ、仕方なく開戦したんだ。真珠湾にしても決して卑怯な騙し討ちではない」という言い方で先の大戦を肯定しようとするアホがいます。たしかに、真珠湾は必ずしも卑怯な騙し討ちとは言い切れませんが、だからといって開戦の責任は免れないと思います。
しかし、去年の末には例の韓国との慰安婦問題共同声明があり、今年は真珠湾。もしかしたら来年は中国かなあ。年末外交は。
このまま建築しても
2016/12/07 17:37
このまま建築してもさん、こんにちは。
なかなか更新出来ずにいますが、元気にやってます。

開戦のいきさつはともかく、間違いなく真珠湾が日米開戦のきっかけとなったのですから、底に総理が赴き、頭をたれる、それは良い事だと思いますよ。本当ならば、もっと以前の総理がやっておくべき事だったのでしょうが。

中国でも良いのですが、絶対に南京はやめて貰わないと。捏造写真と欺瞞に溢れた記念館に無理やりいかされたら大変です。
クルトンパパ
2016/12/09 11:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
総理、真珠湾訪問 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる