クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬鹿な主張

<<   作成日時 : 2017/04/06 04:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  「戦前回帰」批判当たらず=菅官房長官

 菅義偉官房長官は5日午後の記者会見で、教育勅語の教材活用を否定しないとした政府答弁書を野党が「戦前回帰」と批判していることに関し、「指摘は全く当たらない。政府としては現行憲法や教育基本法に沿って適切に対応していくことに尽きる」と反論した。

時事通信 2017年4月5日(水)</pan>

 当然お分かりだと思うが、馬鹿な主張と言うのは菅官房長官ではなく、戦前回帰を言い募る朝日、毎日や一部野党の事である。

 教育勅語に関して言えば、あれを幼稚園児に暗記・斉唱させるのは異常だし、いまさら教育勅語を引っ張り出してくる必要も無い。間違いなくそれを用いてと言うより悪用して軍国教育に使用したことが問題。

 とは言え、これは皇室と言うのが中心にあると言うのは紛れも無い事実。これをもっていまさら教育に使う必要は無い。それ以前に、すでに戦後、教育勅語の理念を失効する決議がなされているし。

 が、いわゆる12の徳目に関して言えば、そのほとんどは何の問題も無いと言うより、ごく当たり前のことを言っている。問題があるのは「以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」の部分だろう。皇室に命を捧げよ、と言う事にこれが利用されたのだから。

 どちらにしても教育勅語をいまさら引っ張り出して、教育に利用する必要は無い。が、教材として使うことが戦前回帰になるなどと言うことは馬鹿の言う事であると言うのは間違い無い。教育勅語に問題があったと言うのならば、そのどこが間違いであり、なぜこれが軍国教育に使われて行ったか?を学ぶためには、これを教材として使用するしかないのであって、教材として使用するな、と言うのは、過去の問題を闇に葬り去れと自ら言っているのと同じ事なのだよ。

 こう言うのはすべからくそうなのだが、結局はこれを使うもの、教える者の姿勢次第。明治天皇自ら元老西園寺に対し、「これはもう古いな」と仰った事で、じつは西園寺公望候らが改変をしようとしていたが、その前に御崩御されたため、手付かずとされてしまい、それが後に軍国教育に悪用され行ったと言うくらいのものだから、これをいまさらこのままの形で教育に使用する必要など無いのは言うまでも無い。12の徳目を教えたいのならば、何もこれを使わずとも、ほかに何でもあるのだから。

 だが、過去に悪用された事があるから一切使ってはならない、と言うのは言論弾圧にも繋がりかねない暴論であり、言論を守れと言う自らの普段の主張と整合が取れないことを知るべきだと思うけどねえ。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
パパさんがおっしゃるように「あれを幼稚園児に暗記・斉唱させるのは異常」という普遍的な認識があればよいのですが、アサヒの記事にあるように
 
 義家弘介文部科学副大臣は7日の衆院内閣委員会で、幼稚園など教育現場の毎日の朝礼で子どもたちが教育勅語を朗読することについて、「教育基本法に反しない限りは問題のない行為であろうと思います」と答弁した

とか言われるとちょっと不安ですね。森友学園でも「以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」の部分まで園児に朗読させていたんだと思いますし。
教材としてではなく、教育に使おうとするのはやはり問題ありますよね。なんでいまさら教育勅語か、と思います。
このまま建築しても
2017/04/07 19:03
このまま建築してもさん、こんばんわ。
いまさらカビが生えた教育勅語など餅出す必要など全く無いとおもいますよ。あの中の良い部分だけ教えるためならば、何も教育勅語じゃなくて良いのだし。

無理に使おうとしたり、評価するような事を言うから、問題になる訳ですし。

あれを教育に使おうと言うやからに対して、戦前回帰と批判があっても仕方無いような気もします。
クルトンパパ
2017/04/07 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬鹿な主張 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる