クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 民進、終末へ

<<   作成日時 : 2017/04/11 04:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

民進・長島昭久議員、離党届提出へ 共産と共闘に不満

 民進党の長島昭久・元防衛副大臣(55)=衆院比例東京=が、10日に離党届を提出する意向を固めた。次期衆院選に向け共産党との共闘を進める党方針に不満を募らせてきた背景がある。今後は無所属で活動する方針で、小池百合子都知事を中心とする地域政党「都民ファーストの会」との連携も模索している。

 長島氏は7日夜、後援会に離党の方針を伝えた。その後、ツイッターで「真の保守政治を追求してきた私にとり、価値観の大きく異なる共産党との選挙共闘路線は譲れぬ一線を越えることを意味し、国民の理解も得られないと考えた結果です」と投稿した。

 長島氏は、自民党の石原伸晃経済再生担当相の公設秘書などを経て、2003年衆院選で民主党から初当選。当選5回。民主党政権時代に外交・安全保障担当の首相補佐官や防衛副大臣などを務めた。

朝日新聞デジタル 2017年4月7日(金)

 昨日、離党届を出したようだ。民進党の中で数少ない、非常にまともな議員だっただけに、これでいよいよ民進党は迷走する事になるだろう。

 自民党も秋波を送っているようだが、それにうかうか乗ってしまうと今後、厳しい事になりかねない。おそらく記事にあるように小池都知事との連携、もしくは維新の党、そこらになるだろうな。

 とにかく長島氏の離党によって、ますます蓮舫の共産党傾斜が進む事になるだろう。代表選の時は共産党などとの共闘に対し、警戒感を見せていたはずの蓮舫代表だが、今はまっしぐら。このまま行けば、ほぼ確実に母屋まで乗っ取られる方向に向かっているのは間違い無い。

 参院選での共闘の時、政権選択選挙である衆院選とは違う、総選挙での共闘は無いと言う声が上がっていたはずなのに、その声も聞こえなくなってきているのが今の民進党だから、まともな保守政治家が残れる政党では無くなって来ている。

 これまで何度か指摘してきたが、本当に民進党がまともな政党になりたいのならば、共産党との連携を模索するのではなく、赤松、辻元、阿部ら社民党寄りの勢力を切り捨て、維新の党などと連携し、自民党と立ち向かうような政党になるしかないのだが、今は逆に社民どころか共産党とまで連携を模索する異常事態。確実に終わりに向かっている。

 輿石などと言う化石がさらに、小沢とともに、民進、自由、社民合流まで考え動いていると言うが、これが実現すれば完全に国民に見捨てられる事になるだろう。彼らはわかってないのか?なぜ、民主党が呆れられたのか?政策の一致がなく、単に政権奪取と言う野望のみでの野合に国民が嫌気を指したからだと言うのに、この3党が一つになり、共産党と連携などすれば国民は完全に見捨てる事になるだろう

 かつてサッチャー、メージャーと保守党に18年もの長い間政権を握られ、死に掛けていた労働党を甦らせたトニー・ブレアはそれまで労働党の最大の支持組織であった労働組合に寄りかかる体制を排除し、第三の道を訴える事で勝利した。労組一辺倒では強力な保守政権を倒せないことを彼は知っていたのだろう。当然、前回の民主党政権で自民党以外の政権に対し、強い不信感があるわが国の国民に対し、再び政権交代もありか?と思わせるためには、ブレアのような思い切った事をやるべきなのだ。連合、特に自治労を切り捨て、新しい保守である、と言う事を訴える以外に民進党が成長する事などありえないことを知るべきだ。

 これから長島氏に続く民進の良心が離党する事が続く可能性が高い。自民党ではなく、小池新党、維新の党と言う受け皿がそこに有るのだから。おそらく長島氏は小池新党だろう。比例復活である以上、既成政党には入れないし。

 蓮舫を選出したあそこで終わったのが証明されて行く。ちゃんと蓮舫じゃだめだ、と指摘したはずだけどねえ。あの時、長島氏の名前も出てたのに、かれを担ぎ出せなかった事が民進党終了への決定打になったのだろうな。;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。いま民進党を支持してる人はその理由はなんなんでしょうかね。聞いてまわりたいくらいです。私はレンホーがこんなに頭のまわらない人間とは思ってませんでした。パパさんの慧眼恐るべしです。
東京では自民支持者の圧倒的多数が小池新党支持へと移行したようで、長島も自民から出たら当選はおぼつかないでしょうから、最終的には小池新党に行くんでしょうね。何か予定調和な気がします。
小選挙区制の元で二大政党が思想的に近くなると国民の閉塞感が強くなり、異常者の大統領が出て来たりEUを離脱したりするような「長期的に見て国益に反する状況」に陥りそうで怖いのですがどうでしょうか。
とりとめなく失礼しました。
このまま建築しても
2017/04/11 19:02
このまま建築してもさん、おはようございます。
蓮舫ですが、あの「仕分け」で名を売ったとは言え、すでにその段階で馬脚を現していたと思うんですよ。「2位じゃだめなんですか?」はまだ良い方なほどでした。

長島氏は小池新党でしょうねえ。民進じゃ絶対に無理だし、自民でもやばいし。これから小池新党がどうなるか?ちょっと興味が有ります。

維新との連携、これがうまく進んで、自民党ときちんと向き合える政党になれば面白いと思いますが、なかなかそこまでの器量が小池知事にあるか?と言う疑問があるんですけどね。

出来れば小池新党プラス維新の党に民進のまともなところが加わって、中道左派くらいの政党になればおもしろいかと。
クルトンパパ
2017/04/12 05:34
連投失礼します。少なくともここまでの小池は皮膚感覚に優れているがゆえの成功だと思います。そうするとよほどのことがない限り維新との連携はないような気がします。都民の維新へのアレルギーはかなりなものなので。特に石原。あの夕刊フジ(関東版)ですら石原叩きを一面にせざるを得ないくらいですし。
そのアレルギーを吹き飛ばすほどの状況は、ズバリ自民を割っての天下獲りが可能になったときかと思います。
現在の安倍政権の支持率の高さはゴ民進への嫌気だけであり、実はそれ以外には何もない。この仮説を小池は自らの知事選(自民候補にダブルスコアでの勝利)と千代田区長選(トリプルスコア以上での勝利)で立証出来たと考えてると思います。もちろん、自民党を割るのは至難の業だと思いますが、テレ朝の馬鹿女や稲田が重用されるのに不満を持つ議員は多いのでは。総裁に権限が集中しにくい中選挙区制の時にこんな人事をしたら、とっくに倒閣騒ぎが勃発してるかと。
やはり汚沢が悪い、になってしまいました(笑)。
このまま建築しても
2017/04/12 21:48
このまま建築してもさん、おはようございます。
小池氏は相当したたかですから、なんでもありのような気がしますねえ。自民本部とは喧嘩しないと言う感じだったのが、今は喧嘩上等ですし。

維新の場合、どう変わるかでしょうね、維新が。小池に擦り寄る形になれば連携しそうな気がします。自民を割るより簡単でしょうから。

中選挙区制だったら、安倍1強は無かったのは間違い無いですね。小選挙区が失敗とわかった以上、考えなおすべきときが着ているような気がします。
クルトンパパ
2017/04/13 05:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
民進、終末へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる