クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 野党と言う気楽なお仕事

<<   作成日時 : 2017/05/10 05:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

<民進>11日の憲法審査会に応じず 首相答弁などに反発

 民進党は9日、衆院憲法審査会の11日の開催に応じない方針を固めた。2020年の改正憲法施行を目指すとした安倍晋三首相の発言などに反発したためだ。憲法審の武正公一野党筆頭幹事(民進)が9日、中谷元与党筆頭幹事(自民)に見送りの意向を伝えた。

 武正氏は中谷氏に「こういう状況での開催は難しい」と伝えた。11日は憲法審の幹事懇談会で首相発言の総括を行うにとどめることを提案し、中谷氏は持ち帰った。与党は事態沈静化のため見送りを容認するとみられる。11日は「国と地方のあり方」に関する自由討議の予定だった。当初は4月13日の予定だったテーマだが、さらに遅れる。

 首相は3日に憲法第9条改正や、20年の改正憲法施行を目指すと表明。野党は憲法審で重ねた議論を無視していると反発した。さらに、首相は8日の衆院予算委員会で「党総裁としての考え方は(自身がインタビューを受けた)読売新聞を熟読していただきたい」と答弁。民進党の蓮舫代表は9日の参院予算委で「立法府軽視で到底容認できない。説明放棄だ」と発言撤回を要求した。しかし首相は「インタビューは総裁として答えた」と応じず、逆に「民進党にも、具体的な提案を憲法審査会に提出して建設的な議論をしてほしい」と挑発した。

 民進の大串博志政調会長は記者会見で「国会では何も語らず『新聞を読め』とは常軌を逸した発言だ。撤回しないと憲法審の議論が正常化すると思えない」と批判。自民党の竹下亘国対委員長は会見で「なかなか首相が思ったような日程感でトントンといくとは正直考えづらい」と漏らした。

毎日新聞 2017年5月9日(火)

 総理のあの答弁が適切だったとは言わない。もう少し、丁寧に答弁すべきだと思うのだよ、総理は。最近、どうも総理自身に若干の驕り・昂ぶりがあるような気がする。

 ただし質問もくだらなすぎて、総理が言うように新聞を熟読してから聞けと言いたくなる程度ではあるが。

 それにしても野党と言うのは気楽な仕事だねえ。自分たちの思うことと違う、自分たちの考えるとおりに進まない、与党の思惑通りに進んでしまいそうだ、となればすぐに審議拒否。何度も指摘してきたが国会議員は審議を通じ、法案などを徹底的に審議するのが仕事であり、審議拒否は職場放棄・サボタージュ以外の何物でもないのだよ。

 確かに相手は巨大与党であり、審議を進めて行けば与党の思惑通りに議事が進む可能性が高い。その抵抗策として審議拒否をするのはありだろう。だが、それならば覚悟を持って、と言うことだ。今のように、何のペナルティーも無い状態だから、安易にすぐに審議拒否。

 以前にも書いたが、職場放棄をやるのだから、当然、ペナルティーを受けるべきだろう。政党助成金やそれぞれの議員に対する歳費、経費を審議拒否をした日数に応じカットするのは当たり前で、それに加え、指示をした政党は審議拒否の日数に応じた罰金を1日、1千万位払うくらいの覚悟は必要だろう。そこまでの覚悟を持って、それでも与党の横暴を許さないためやるのだ、となれば国民も理解するものも多くなるだろう。

 審議に応じないなら相応のペナルティを受ける。当然の話。
 それ以前に、野党の質問のレベルが低すぎて話にならない。今、安倍昭恵夫人の国会招致などと言う事を言っているようだが、自民党は受ければ良い。籠池証人喚問を見てもわかるように、追求する側がまったくの力不足だから、何の問題提起も解決も出来ない。昭恵夫人に対しても新聞、テレビなどで見聞きした情報以上のものを持ち合わせないまま、「悪魔の証明」を求める以上の事などできるはずが無い。

 野党が今の体たらくのままだと、本当に安倍総理はあと1期総理をやり続ける。ずっと50%以上の高支持率を維持したままで。実は安倍長期政権を最も力強く支えているのは、だらしない野党だと言うことをもっと自覚すべきだと思うぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ゴミ野党の肩を持つつもりは毛頭ありませんが、与党内で詰めてすらいない独自の改憲案を突然新聞で発表し、国会で聞かれたら新聞を読めという安倍氏はやはり現在の「史上最低の自民党」に相応しい総裁だと思えてしまいます。自民党歴代総裁を思い起こしても、ここまでデタラメな人は思い出せないなあ。
総理の驕り、昂ぶりで言うとやはり安倍氏の人格によるところが大きいのではないでしょうか。三角大福が全て素晴らしいなんて思いませんが、ここまで安倍氏の「コンプレックスの裏返しの尊大さ」を見せられると、昔の政治家は立派だったと思えてしまいます。
夫人の国会招致は、野党の追及能力不足を割り引いても「あの」夫人ですから(苦笑)、与党は危ない橋は渡らないのではないでしょうか。
このまま建築しても
2017/05/10 22:08
このまま建築してもさん、おはようございます。
安倍氏がそこまで最低の総理だとは思いませんけどねえ。過去の自民党にはもっと酷いのがいくらもいましたし(苦笑)

ただ、今回の改憲発言は違和感が有るのも事実ですし、総理を含め、おごり高ぶりが出ているのも間違い無い。

だから、もっと国民が信頼できる野党が必要なんですよ。エントリーに書いているように、野党がだらしないから国民が安倍政権しか支持できない。もっと、ピシッとした野党があれば、国民の選択肢が広がり、それによって、与党、政権も引き締まるのですから。

蓮舫などをトップにおいていたり、共産党とすら野合しようと言うのはやめて、国民の信頼をどうやれば取り戻せるかをもっと真剣に考えて欲しいものです。

三角大福中、今の政治家とはやはりものが違ってましたね。

昭恵夫人、大丈夫ですよ、多分。なんだかんだ言いながら結構、したたかですよ、あの人は。少なくとも辻元よりは。
クルトンパパ
2017/05/11 04:51
連投失礼します。
野党は、自民党内の党内野党が存在すればよいのではないでしょうか。いわゆる55年体制の時の最大野党・社会党は党内に社会主義協会なんていう観念的なグループを抱え、政権を託す上での選択肢には全くならなかったですし。自民党党内での与野党(その時々の主流派と反主流派)の切磋琢磨が戦後の日本をリード出来る政党にしたんだと思います。
まあこういうと結局、小選挙区制の問題になってしまうんですが。
民主党(当時)が政権につく前のねじれの時、あるいは政権政党になってその正体がバレる前wの自民党に私は注目していたのですが、残念ながら変わったようには見えませんでした。今でも投票率・政党別得票数なにを見ても「民主に失望した人が投票に行かなくなっただけ」で、別に自民党の信頼が回復したわけでもないと思います。
英国や米国もそうですが、二大政党が切磋琢磨してより良い政治が行われていくようになると言うのは幻想なのかもしれないなと思ってしまいました。
日本の地盤沈下が止まらず、なんか残された時間は少ないのではないかと思います。経済でアジアナンバーワンになった中国が「今のままの日本」を願ってる本音を痛いほど感じます。これでいいのか日本の政治、ですよね。
このまま建築しても
2017/05/11 17:38
連投失礼します。
野党は、自民党内の党内野党が存在すればよいのではないでしょうか。いわゆる55年体制の時の最大野党・社会党は党内に社会主義協会なんていう観念的なグループを抱え、政権を託す上での選択肢には全くならなかったですし。自民党党内での与野党(その時々の主流派と反主流派)の切磋琢磨が戦後の日本をリード出来る政党にしたんだと思います。
まあこういうと結局、小選挙区制の問題になってしまうんですが。
民主党(当時)が政権につく前のねじれの時、あるいは政権政党になってその正体がバレる前wの自民党に私は注目していたのですが、残念ながら変わったようには見えませんでした。今でも投票率・政党別得票数なにを見ても「民主に失望した人が投票に行かなくなっただけ」で、別に自民党の信頼が回復したわけでもないと思います。
英国や米国もそうですが、二大政党が切磋琢磨してより良い政治が行われていくようになると言うのは幻想なのかもしれないなと思ってしまいました。
日本の地盤沈下が止まらず、なんか残された時間は少ないのではないかと思います。経済でアジアナンバーワンになった中国が「今のままの日本」を願ってる本音を痛いほど感じます。これでいいのか日本の政治、ですよね。
このまま建築しても
2017/05/11 17:42
おはようございます。
自民党内の党内野党が、と言うのが機能すれば良いのでしょうが、石破氏が頑張ってやろうとしている様ではあっても、それが一定の勢力にすらならない状態ですからねえ。中選挙区制、これが復活しない限り無理でしょう。ただ、中選挙区制にも問題があった訳で、選挙制度全体をもっと、本気で討議してより良い制度作るしかないんでしょうが。

二大政党制と言うのは日本には合わないんでしょうねえ。と言って、欧州などに多い中小政党の連立内閣、と言うのも不安定で日本では上手く行かなかったし。

日本再生、難かしい限りです。
クルトンパパ
2017/05/12 04:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
野党と言う気楽なお仕事 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる