クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 思ったよりまとも

<<   作成日時 : 2017/05/12 05:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

   米軍基地の集中「差別だ」54% 沖縄県民調査

 沖縄の日本復帰から15日で45年となるのを前に、朝日新聞社は沖縄タイムス社、琉球朝日放送と合同で電話による沖縄県民世論調査をした。米軍基地が集中していることは「本土による沖縄への差別だ」という意見について、54%が「その通りだ」と答え、「そうは思わない」の38%を上回った。

 「その通りだ」は年齢が上がるにつれて増える傾向にあり、60代以上では7割を超えたが、18〜29歳では「そうは思わない」が大きく上回った。自民支持層では「その通りだ」39%に対し、「そうは思わない」が49%だった。

 今回、調査対象を18歳以上に広げたため単純比較はできないが、2013年12月の調査の同趣旨の質問では「その通りだ」は49%、12年4月調査では50%だった。

 県内で最も重要だと思う課題については、「基地問題」を選んだ人が33%で最も多く、「教育・福祉などの充実」(28%)、「経済振興」(19%)を上回った。

 沖縄が日本に復帰してよかったと思うかとの問いには、82%が「よかった」と答え、「よくなかった」は5%にとどまった。

 調査は4月22〜23日に実施。沖縄県内の有権者が対象で、896人から有効回答を得た。回答の一部は4月25日付朝刊に掲載した。

朝日新聞デジタル2017年 5月11日(木)

 朝日と沖縄タイムスがやった調査にしては、かなりまともな答えが返ってきているねえ。おそらく相当恣意的な質問の仕方がなされただろうに、54%なら上等。

 沖縄に基地が集中しているのは確かに問題だろうし、もっと本土が引き受けられる部分は引き受けて行くべきだろう。ただし本当に基地が今の半分以下に縮小した場合、それはそれで沖縄の経済には大打撃となるだろうが。

 ただし、今の基地の集中は沖縄に対する差別ではなくfont size="5">歴史的、地理的要素によるものだろうな。アメリカが戦後、ずっと沖縄を保持し続けてきた事で、どうしても基地は沖縄に集中したし、何より朝鮮半島、中国をにらんだ場合、基地が沖縄にある方が圧倒的に有利であるのは間違い無いだろう。特に対中国の場合。

 これから先は徐々に沖縄の負担を軽減する方向に進むだろう。実際問題、沖縄の基地返還が進んでいるのは事実。まあ、最大の問題のひとつである普天間を無くし、現在キャンプシュワブがあって過疎地である辺野古への移設を沖縄県が反対し進まないため、有効活用が出来そうな普天間が残ったまま、と言うのを見ると、実は沖縄はそれほど基地返還を求めてないのかなとも思ったりするが。

 米軍基地はなかなか動かない。佐世保も非常に良い場所に基地があるし、港も有効活用をもっとするために返還、交換を求めているがなかなか応じないしねえ。これまでの歴史を考えれば、簡単じゃないし、中国、韓国、北朝鮮がそこにある危機として存在する以上、米軍を無くすのは現実的じゃないし。


 困ったものだぜよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
人口減少日本ではありますが、東京圏・名古屋圏・福岡圏と沖縄だけは人口が増加しているようです。だから基地問題を軽視して良いとは思いませんが、本当に大変だったら人々も逃げだし人口減少するんじゃないかな。もっとも、福島原発事故の影響で沖縄に移住した人も多いようですが。
それでも特殊合計出生率ダントツの日本一ということは、我々も沖縄に学ばないとならないですよね。
ただ、きょう米軍嘉手納基地のパラシュート降下訓練に稲田が抗議したみたいですが、こういう傲慢なことを米国がするならばますます沖縄の反基地感情は高まるでしょうねえ。日米両政府の合意を二ヶ月続けて破るなんて、どれだけ日本をバカにしてるんでしょう。
このまま建築しても
2017/05/12 17:49
このまま建築してもさん、おはようございます。
日本は決してアメリカにおんぶに抱っこで防衛依存している訳じゃない。費用負担は相当なレベルですし、自主防衛のための自衛隊の強化も進んでます。

在日米軍基地は日本だけのためじゃなく、アメリカの戦略的価値からもあるのですから、今回の嘉手納基地の降下訓練のような事を許すべきじゃないし、地位協定の改正ももっと強く進めるべきだと思います。

沖縄は大変だと思いますが、本当に全ての基地が無くなるとなれば大騒ぎになりますよ。

佐世保程度でも基地に依存している業者は相当あるのですから。
クルトンパパ
2017/05/14 06:06
連投失礼します。
在日米軍の日本の負担割合は、米国防省がつくった米側に有利な試算でも約74%(防衛省の試算だと86%)。世界でも飛び抜けた負担率ですよね。ま、元維新の橋下みたいに全額日本が負担するのもありみたいな意見もあるようですが(笑)、そういう愚かしい属国根性的意見を除けば「同盟国として決して恥じる必要がない協力をしている」と私は思います。
地位協定は、どうも日本政府の公式見解では「日米地位協定が他の地位協定に比べて不利になっているということはありません」「日米地位協定の規定は、他の地位協定の規定と比べても、NATO地位協定と並んで受入国にとっていちばん有利なものとなっています」(いずれも外務省HP・日米地位協定Q&A)だそうですよ。浅学非才な私は最近外務省の見解を知り、あわててこのQ&Aを読みましたが情けないほど稚拙な詭弁が積み重ねられた文章でがっかりしました。
「米軍人が刑事事件の被疑者になった場合に身柄がどの時点で受入れ国側へ引き渡されるかという問題については、(起訴時に引き渡すという)日米地位協定に基づく運用が、(NATO地位協定と同じく)他のどの地位協定よりも早い時点での引き渡しとなっています」(同上)。
検察が被疑者を取り調べてから起訴する日本と、起訴されてから取り調べ自体を裁判所が主体となって行う大陸法の国の裁判制度をごっちゃにした詭弁だと思います。
現実に沖縄の次に米兵が多い神奈川県では、性犯罪の疑いで逮捕された米兵・軍属の起訴率は異常に低いです。「まず」被疑者が引き渡されないと、検察は立件出来ませんから。これを大陸法のNATOと同じというお笑いHPをつくる外務省。恥だなあ。
外務省の公式見解が「世界に誇れる日米地位協定」では、改定も望み薄ですね。ついでに、同じ詭弁を弄すにしても、もう少しなんとかならないかな。
このまま建築しても
2017/05/15 16:16
おはようございます。
日本の駐留費負担割合は他国にとって迷惑なくらい高いレベルですから、もっと堂々としていて良いんです。今以上の負担増はせいぜい、光熱費を増額できるかどうかで、残るほとんどは武器・弾薬費用ですから憲法上無理ですし。

地位協定に関し、そんな卑屈な事を言っていたとは知りませんでした。とてもじゃないが、欧州各国と同程度ですらないのは常識です。

日本への駐留は米軍にとっても非常に重要な事なんですから、費用負担も十分すぎるほどやっていますし、これの改定こそ一番大事。ほぼ出来るはずも無い、沖縄などからの米軍基地の完全撤去など言うよりも、翁長も地位協定の改定にこそ全力を傾注すべきでしょう。その主張ならば、もっと皆に受け入れられますよ。

私も支持します。
クルトンパパ
2017/05/16 05:33
翁長がどのくらい地位協定の改定を訴えてるのかわからない(検索するとそれなりには出てきます)んですが、当然これは政府案件ですよね。
元都知事のカバン芸人が、基地移転に関連して日本政府は地位協定の改定を強く米国に求めるべきだった…と言ってましたがそれに関しては同意します。
軍事機密に関わるような犯罪は別にして「日本で犯された一般犯罪は、当然かつ無条件で日本が裁く」という主権国家として当然の交渉が出来る政府はいつになったら出来るんでしょうね。
そういえば、暴行殺人犯(あえてこう言います)の米軍属の公判がなかなか始まらないですね。もう一年たつんですが。慎重はわかりますがあまりに時間がかかるのはちょっとなあ。
無関係のことまで失礼しました。
このまま建築しても
2017/05/16 22:00
地位協定はこれは完全に不公平ですし、他国に比べてあまりに不利です。
例えばイタリアなどでは、通常の航空機の発着は、午睡の時間をはずす、と言う事まで決まっているらしい(笑)

明らかに軍事に関わる作業中以外は当然、日本国内での犯罪は日本が裁くべきですし、身柄も日本が確保するのが当然。

こう言う主張を沖縄が先頭に立ってやれば、多くの基地がある自治体も一諸にやれるんですけどねえ。
クルトンパパ
2017/05/17 05:36
いいなあイタリア(笑)。それはどうよみたいな主張でも、主権国家として主張するという事が出来るだけいいです。
しかし不公平な地位協定への怒りは、なんでも戦争反対の左と、主権国家としての誇りを大事にする右が共有出来ると思うんですがなかなかそうならないですね。やはり日本には左モドキと右モドキが主流なんでしょうか。残念です。
このまま建築しても
2017/05/17 22:09
おはようございます。
イタリアの例を聞いたとき、これは特別じゃなくおそらく欧州各国では当たり前なんだろうなって思いました。

日本はあの敗戦後、アメリカ、特亜に対しあまりに卑屈な時代が長すぎて、当然の要求すらしない事が多すぎる気がします。

それからの脱却こそ、本当の意味でのわが国の戦後は終わった、と言えるような気がします。
クルトンパパ
2017/05/18 04:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
思ったよりまとも クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる