クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 何故我が子をを殺す?

<<   作成日時 : 2017/06/09 04:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

妻殺害容疑の警官「事実でない」と否認 福岡県警が会見

 福岡県小郡市の住宅で母子3人の遺体が見つかった事件で、福岡県警は8日午後7時から、県警本部(福岡市博多区)で記者会見を開いた。冒頭、久田誠・警務部長が「本日午後5時31分、通信指令課員が殺人の被疑者として逮捕されました。重大な容疑で職員が逮捕されたことを心よりおわびします」と謝罪。同席した近藤康徳・首席監察官らと約3分半、頭を下げた。

 逮捕されたのは、地域部通信指令課勤務の巡査部長、中田充容疑者(38)。6月6日午前0〜6時、殺意をもって同居する妻の由紀子さん(38)の首を絞めて殺害した疑いがある。中田容疑者は「事実ではありません」と否認しているという。

 県警は今後、子ども2人が死亡した経緯についても事情を聴く方針。

朝日新聞 2017年6月8日(木)

 この事件はいわゆる無理心中だと最初に報道されたが、それが否定された段階で犯人はほぼ、父親だろうと思われた。殺された由紀子さんの近くに練炭を置き、子供を殺したあと自殺したように見せかけようとしたようだが、司法解剖の結果、絞殺と判断が出て、それまでの容疑者の供述との矛盾が出てきて、この逮捕に繋がったようだ。彼が出勤時には3人とも寝ていた、と言うが子どもたちの死亡時刻がそれより早かった事などだ。

 彼が3人を殺していないとしたら、それは子どもたちを由紀子さんが殺害し、その由紀子さんを彼が殺害したと言う場合だけだろうが、それも受け入れ難い話だし。

 今回の事件は、遅かれ早かれ真相が暴かれるケースだったと言って良い。無理心中だとしても司法解剖が行われただろうから。が、もしこれが解剖されなかったら、本当に無理心中で終わったかもしれない。

 法医学者の絶対数が不足していて、さらに警察の予算も足りないため、死亡時解剖が行われないケースが多いと言う。その結果、見逃されている犯罪がどれほどあるのか?をきちんと考えなければならない。国はそろそろ本腰を入れて、解剖、あるいはAI診断のための予算を確保し、悪い奴が逃げられないような国にして行くべきだと思うのだが。

 可愛いい我が子と妻を何故殺したのか?本当にやり切れない事件ではある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何故我が子をを殺す? クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる