クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS それでも蓮舫は公開しない

<<   作成日時 : 2017/07/12 05:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

     蓮舫氏「戸籍示す」=二重国籍問題

 民進党の蓮舫代表は11日午後の党執行役員会で、自身が日本国籍と台湾籍の「二重国籍」だった問題について、「戸籍(謄本)を示し、近々説明する」と述べた。

 党幹部が明らかにした。

 二重国籍問題は昨年9月の代表選の最中に浮上。蓮舫氏は、父親の出身地である台湾籍の離脱手続きを済ませたとしたが、日本国籍の選択宣言の日付が記された戸籍謄本の公開には応じておらず、党内の一部から批判が出ていた。

 民進党の11日の都議選総括に関する会議でも、出席議員から「二重国籍問題をはっきり説明すべきだ」との意見があり、選挙の敗北を受けて「執行部の刷新」を求める声も上がった。同党は25日に両院議員懇談会を開いて都議選の総括をまとめ、執行部の責任を判断する。 

時事通信 2017年7月11日(火)

 当然、この問題は早い所、蓮舫代表が戸籍を公開していれば収まった話。が、戸籍公開をした自民党小野田議員と違い、なぜか絶対拒否の姿勢を貫いてきたのには、必ず何らかの理由があるはず。そうじゃなければ、とうの昔に今は完全に日本国民だとして公開すれば良いだけなのだから。

 あれほど公開を求められながら公開しなかったのは、公開すればこれまでの説明と整合性が取れない何かがそこにあるからだろう。

 いかに国会議員であり野党第1党の代表であり、元大臣だとは言え、戸籍に何らかの処置を加えることはできないから、どうしても公開できなかっただけの話。

 いかにもきちんと公開するような事を言っているが、こいつはしない。かつて、覚せい剤と脱税まみれ男との不倫疑惑も、一切、まともな説明をする事無く、うやむやのまま大臣辞任で逃げた奴だし。今回もすぐにも公開するような事を言いながら、のらりくらり逃げて、逃げられないとなったら代表辞任で片をつけようとする。

 こいつを代表にしたあの瞬間が、民進党が完全崩壊に向けた最初の一歩だったと皆が気がつく日も遠くない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
二重国籍が大騒ぎされるのにはウンザリします。みんな国民新党からアルベルトフジモリが出馬した時の事は忘れたんでしょうか。
蓮舫はそんな問題ではなく、民進党とやらが未だに何をしたい政党なのかさっぱりわからない烏合の衆でしかない現状に責任を感じて党首辞任するべきだと思いますが。
このまま建築しても
2017/07/19 19:44
このまま建築してもさん、おはようございます。
アルベルト・フジモリ、忘れてました(爆)

蓮舫問題は彼女が嘘をついてきたこと、これだけだと思ってます。最初からきちんと真実を述べていたらこんな事にはなってないでしょうから。

しかも今回公表された「台湾籍離脱証明書」の写真が選挙ポスターの転用で、あれは絶対に認められないと台湾からの留学生が指摘してます。それが事実ならば、あの証明書は偽物だと言う事になり、議員辞職ものでしょう。

竹田氏が言うように、蓮舫には頑張ってもらって、民進党を葬り去って欲しいものです。その間に、まともな自民党と戦える野党が出来る事を望むだけですね。
クルトンパパ
2017/07/20 05:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでも蓮舫は公開しない クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる