クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 質問時間変更は当然の話

<<   作成日時 : 2017/10/31 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

野党の質問時間削減に枝野氏反発「とんでもない暴論」

 政府・自民党が野党の国会での質問時間を減らすことを検討している問題で、立憲民主党の枝野幸男代表は30日午前、党本部での会合で「とんでもない暴論とも言える主張。一刻も早く取り下げ、建設的な議論ができる状況を作って欲しい。一切、我々として妥協する余地がない」と述べ、検討の中止を要求した。

 枝野氏は、議院内閣制の日本の国会では、与党議員が国会への提出前に法案や予算案の事前審査を行っていることを指摘。「(政府から)先に全部細かく説明を受け、いろんな主張を潜り込ませておいて、審議の時には同じようにさせろというのは全く論外。議院内閣制の基本が分かっていない」と批判した。

 立憲はこの日、東京・平河町に党本部を開設した。

 菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で「国会議員が等しく質問できるよう、各会派に議席数に応じた質問時間の配分を行う。それは当然のことだ」と反論した。

朝日新聞 2017年10月30日(月)

 これ、かつて民主党政権下で議員秘書をやってた人がなぜ、今のような与野党時間配分を当時政権与党だった民主党が受け入れたかを暴露しているでしょ?

 別にこれは当時、民主党幹部であった絵だのが当然知っているように、別に事前に党内議論が行われ、官僚の事前説明もあるからなどと言う事ではなく、単に、党内世論がばらばらである事を長い質問時間が有ればばれてしまうから、と言う事だったようだ。

 民主党政権以前の麻生内閣時代までは4:6だったのが、民主党政権時代に変わったのだが、田中慧氏がツイッターでかなり詳細に事情を語っている。どこまで真実かを確かめる確たる術は無いのだが、小沢一郎が全てを官邸で決め党内議論はガス抜きだから、いちいち質問させない、と言う事に決めたと言うのは説得力があるかもね。

 それ以前に、今の野党の質問、だらだらと同じ事の繰り返し。別の政党の議員が同じ事を聞くのならまだしも、民主、民進の議員は、前の委員が聞いた事を平気で繰り返して聞く。あれは質問能力が無い者に、とにかく時間が有るからと言うことで質問させるからだろう。

 議員定数に応じて、となるとあまりに差が出てしまうので、ここは麻生時代同様の6対4くらいにすべきだろう。そこで野党は時間が減った分、どう野党間で質問調整を行い、同じ質問の繰り返し、などと言う愚を排除し、政府が答弁に詰まるような鋭どい質問を行って行けば、次回の総選挙で政権交代すら可能になるだろう。そう言うチャンスだと捉える事は、枝野には無理か?

 枝のに言いたいのは野党の質問時間が削られたとしても、国民生活には「ただちに影響は出ない」から大丈夫だと言うことだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
うーん、パパさんのおっしゃる事はもっともと思うのですが、自民党内部ですらまともな論議が行われないのに国会で政府に対して物申す議員がいるのかなあ。「国民のほとんどがアベノミクスを失敗と捉えているが政府はどう思うか」「少子化対策が全く上手くいっていない事に対してどう考えるか」てな質問が自民から出るとは思えず、なんか中国や北朝鮮の議会みたいな政府ヨイショ質問しか出ないとしか思えないのですが。
野党の質問よりもっと意味のない与党の質問時間を増やしてもしょうがない気がしてしまいます。
枝野もさることながら、小池や松井はどう考えているんでしょうね。
このまま建築しても
2017/11/01 04:30
おはようございます。
 正直、誰もまともな質問は出来ないのが現実でしょう。ただ、与党の若手の焦りと言うのはわかりますからねえ。これほどの巨大与党が少ない質問じかしかないので、ほとんど質問に立てない。そうすれば、地元メディアなどで全く質問しない数合わせだけの議員的な報道をされたりするようですから。

 野党もこれをチャンスと捉え、質問時間を制限されたがこんなに鋭どい質問をして政府を追い詰めた、と言う事にする位のことをやらないと、いつまで経っても野党のままでしょう。

 これ、要するに議員のレベルが低すぎる、と言うことですよ。もっと普段から野党が馬鹿の一つ覚えのように、皆が金太郎飴か?と言う同じ質問じゃなく、同じ問題でも切り口を変えてと言う感じだったら、与党もこう言う事を言い出しずらかったんでしょうが。

 これは結局、今の2対8を閉会中審査と同じ3対7で決着しそうな気がしますけど。
クルトンパパ
2017/11/01 05:16
ちょうど本日、小泉進次郎が「安倍首相が幼児教育無償化の財源確保に企業に3千億円の拠出を要請したことを、党はなにも聞いてないし議論もしていない。このままでは自民党はいらないですよ」と話してました。
先の選挙前に突然出て来た消費税の使途変更にしても、それまで自民党で論議されていた気配はないですよね。
自民党自体が議員を数合わせだけの存在としか考えていないのだから、議会で質問しようとしまいと地元メディアの指摘は正しいのではないでしょうか。
人気者の小泉くらいしか、現在の自民党の異常さを発信出来ないのは残念です。政策を議論しない政党である今の自民党は、やはり史上最低だと思います。私は小泉のように不要論にまでは至りませんが。
このまま建築しても
2017/11/02 17:53
パパさん、こんにちは。
 僕は野党の質疑時間の削減には大賛成です。
せめて
『今までくだらない質問しかしてこなくてすいませんでした』
『カップラーメンの値段や漢字のあら捜しなど国会でする質問ではありませんでした』
と自民党と国民に対して野党全員(この質問が異常だと抗議しない時点で同罪)で謝罪し繰り返さないことを誓うのならば別ですが、悪かったとすら思ってないですよ。
 クズの質問時間を減らして、まともな若手の質問時間に充てる、若手はアピールの機会が与えられ、国民は若手の選ぶ指標を得られる、クズは国会で昼寝してるだけで給料が貰える。
 誰も損しないwww。
もともと国会ボイコットがお家芸の野党が、なんで反対するのか解りません。
世界史は面白い
2017/11/07 10:23
このまま建築してもさん、超亀レス申し訳ございません。
自民党の質問もろくでもないし、野党はそれに輪を掛けて詰まらない。先の国会での質疑を聞く限り、正直、国会不要論すら浮上してきそうな感じです。質問時間を削られた野党が、そこでなんらかの国民をうならせるような対処が出来ていれば、削った政府・与党に対する国民の批判が高まるのに、それが出来なかった。野党の質問時間は十分だったと言う事になってしまいます。
とは言え、要求していたと言う自民の若手も大した質問は無かったからこれもいらないと。

本当にわが国の国会はレベルが低い。それを選んでいる我々のレベルが低いと言う事でしょう。
クルトンパパ
2017/12/31 05:10
世界史は面白いさん、本当に超亀レスでもうしわけございません。

で、国会質疑、野党も与党も全くだめでした。与党がだめなのは、安倍政権が強すぎて、ビビッて居る事でしょ。本来、党内野党的な派閥がそう言う質問をする若手を守らなければならないのに、そこまで体を張って守る派閥の親分がいない。

石破もそこまでの覚悟を持って、党内野党になると言う施政は見られない。せいぜい、小泉進二朗くらいでしょう、安倍執行部を怖れていないのは。あまり政権が強すぎる弊害が出ている気がします。

野党にはすでに、一切期待してないので与党内に期待するしかないのですが。
クルトンパパ
2017/12/31 05:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
質問時間変更は当然の話 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる