「ZERO」 麻生幾

名作「宣戦布告」のあと、なかなか新刊が出なかったんですが、やっとでました。たぶん、単行本ではもっとあるのかもしれませんが、何度も書いたように、文庫本専門なもので、待ちくたびれてました。
公安警察の頂点に君臨していたと言われる「ZERO」、大正時代以来国民に秘密に存続し、今やその存続の危機に瀕している組織「ZERO」、その組織と公安部外事二課の警部補峰岸。その戦いと、中国と日本の暗部に迫りながら、緊迫感あふれる物語が、飽きさせることなく続く。
警察小説に収まることなく、自衛隊、中国、日本両国政府にまで話は及んでいく。

まあとにかく、上・中・下3巻、水増し無しにびっしりと書かれています。ちょっとしばらく、この手の本はいいやと思わせてくれるほど、満腹させてもらいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック