クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「亀田を見ていてあわれに感じる理由」について

<<   作成日時 : 2006/08/04 15:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

亀田を見ていてあわれに感じる理由」について
本当はコメントで済ませようとしたのだが、長くなりすぎ、分割する必要が出たのでTBにします。
亀田ネタ、この前ので最後にするはずだったのになあ


亀田興毅がデビュー前から見てました。
その頃から態度は大きかったものの、まだかわいらしさが残る子供でした。彼らがボクシングに賭ける情熱は、紛れも無く本物だと思います。特に、3兄弟の長兄として、彼が弟たちを引っ張ろうと、一所懸命であるだけに、今回の試合での彼は、DA卿が言うとおりに哀れさをかもし出しましたね。

明らかに周りの大人たちが、彼を利用し、彼で商売をしようとした。彼らに獲り、亀田がヒーローだろうがヒールだろうが構わない。興毅が注目されれば、視聴率は取れるし、雑誌は売れる。

上手く実力が付いてくれれば、その後長い商売に繋がるし、実力が追いつかなければ使い捨てれば良い、それだけのこと。別に興毅が本物にならなくても、彼らは痛くも痒くもない。興毅が潰れれば、次を探すだけなのだから。

試合直後、泣いた姿が興毅の本質なのかもしれない。それだけに、可哀想で哀れです。
彼が本当の本物になるためには、まず父親から離れなければダメでしょう。
選手に素質と言うものが有るように、コーチにも資質が有る。父親についている限り、また逆に父親が付いている限り、興毅が人格と技術を伴った偉大な王者になれる可能性はほぼ無い。

興毅は一番苦しい戦いからまた逃げさせられようとしている。防衛戦、それは挑戦試合より何倍も苦しい。一人前の偉大なチャンピオンになれるように、これからの精進が大切でしょうね。

亀田興毅、彼が真摯な態度でボクシングと向かい合っているのは、彼の体を診ればそれだけでわかる。それだけに、本当に惜しいし哀れです。
下手な同情論とか、持ち上げはかえって彼のためにならない。酷い試合をした時には、きちんと叩いてあげなければならない。その代わり、素晴らしい試合をしたら、徹底的に褒めてあげて欲しい、ファンの皆様なら。

それが久しぶりに現れた、日本ボクシング界の宝に対する正しい対応だと思うのだが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
亀田興毅の試合は・・・
あの試合は誰がどう見ても負・・・ ...続きを見る
ぴーかんバディー生活
2006/08/04 17:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 自分自身を追い込む為に過激な発言を繰り返しているのかは分かりませんが、彼らの家の結束を見ていると昭和の家族を見ているようで微笑ましい感じがしていましたが、少し相手に対する敬意を持つべきなのだろうと思います。
 特に、彼は世界王者になったのですから、これからは挑戦者に対して受けてたつという姿勢も大切なのではないかと思います。
 また、クルトンパパさんの仰る通り、周りにいる人全てが彼の為を思って何かをしてくれるわけではありません。彼自身はそれ程おろかな人間ではないと思います。昨日の会見でも、人それぞれに意見がる事を許容しているようでしたし、ある意味、人格的に整っていき、ボクシング自体のテックニックを学べる環境に恵まれれば、偉大な王者になれるかもしれません。
 是非そうなって欲しいものです。
税務の片隅で。
URL
2006/08/04 17:12
ボクサーとしての亀田興毅は、あの試合で私の中で評価は上がりませんでした。

が、人間亀田興毅に関しては、まだ良くなるな、と思わせられる部分が有るのも事実です。それだけに哀れに思えます。

より高いところを目指すのなら、父親から離れないとダメですね。もっと厳しい世界、凄い世界をのぞきに行って、より良い尊敬されるチャンピオンになってもらいたいものです。

とにかく「防衛戦をしないまま返上」と言うのはやめて欲しい。指名試合になって、相当に厳しい戦いになるでしょうが、それを乗り越えて一段上の王者になってもらいたいんですが。
クルトンパパ
2006/08/04 17:28
クルトンパパさんの 一つ前の亀田記事にコメントしようかと思いましたが、私もこの親子に 思う事アリで^^;
長くなりそうなので、自分のトコロで書きました^^;

なにはともあれ、チャンピオンです^^;今後に期待します^^;
にゃんこ
2006/08/05 02:15
どういう形であろうと、タイトルをとった以上、チャンピオンとして風格を身に付けてもらいたいですよね。

王者の自覚、それだけで少しは態度が変わるかもしれませんから。
クルトンパパ
2006/08/05 06:36
エンターテイナーとして大成する道は、スポーツマンとして大成する道よりも厳しいですね。
彼は変なものを背負いすぎましたね。
Darth Alexios
2006/08/05 09:36
スタートは強くなりたい、だけだったと思うんですよね。それが、ちょっと特異なキャラクターを持っていたがために、それに目をつけた大人たちの都合で、以上に誇張されたキャラを背負わされ、いつの間にか自分でも判らなくなっているように思います。

デビュー前、彼らは態度はあんな感じでしたが、かわいらしかったんですけどね。真っ先に多分、父親が勘違いしてしまい、それが子供たちにも伝染したのでしょう。

ボクサーとして、せっかくの王座、なんとしても防衛戦をやって、汚名返上、と言って欲しいのですが、これも大人の都合で、どうなることやら
クルトンパパ
2006/08/05 10:09

1度、ぼろ糞に負ければいいんです。

レインボーマン
2006/08/06 02:29
負けたところからどう這い上がるか、それにも興味が有るんですよ。
負けてそれで終わりならそれだけのこと。そこからもう一段上までいけるのか、本物と偽者の差はそこに有りますね。
クルトンパパ
2006/08/07 07:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「亀田を見ていてあわれに感じる理由」について クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる