性奴隷にしたかった?江東区バラバラ殺人事件

   性奴隷にしたかった…江東区バラバラ殺人 星島被告初公判

 東京都江東区のマンションで昨年4月、会社員・東城瑠理香さん(当時23歳)が殺害・切断された事件で、わいせつ目的略取と殺人、死体損壊・遺棄などの罪に問われた星島貴徳被告(34)=元派遣社員=は13日、東京地裁(平出喜一裁判長)の初公判で起訴事実を全面的に認めた。検察側は、冒頭陳述で星島被告は女性との交際経験がなく「性奴隷」にしようとしたと動機を指摘。一方、弁護側は、計画性はなく罪を認めて反省しているなどと強調した。責任能力を争わない方針で、量刑が主な争点となる見通し。2月10日に判決が言い渡される。

 眼鏡を掛けた星島被告は髪を短く刈り上げ、黒いタートルネックに黒のズボン姿で現れた。マンションの2部屋隣に住んでいた東城さんを殺害した同被告。7時間近く続いた初公判では表情を大きく変えることなく、淡々としていた。

 検察側の冒頭陳述によると、星島被告は昨年4月18日午後7時頃、帰宅直後の東城さんを「性奴隷」にしようと思い、襲撃。手足を縛り、ジャージーのズボンを顔に巻きつけ目隠しした上、首に包丁を突きつけて自室に連れ込んだ。その後、3時間後に警察官3人を廊下で見つけたため、殺害を決意。包丁で首を刺して殺した。約10日間かけ、自室でのこぎりや包丁で遺体を細かく切断。天井裏に隠していた骨が異臭を放つと、鍋でゆでたり、冷蔵庫などに隠し、5月1日までに水洗トイレに流したり、ゴミ収集所に捨てるなどして遺棄した。

 被告人質問では、星島被告が犯行当日に別の女性を狙おうとしていたことや、仕事への不満から犯行を計画したことも明らかになった。マンション1階で別の女性を見かけ後を追ったが、女性を見失っため、東城さんを狙ったという。風俗店の利用はあるが、女性との交際経験がないという星島被告は「女性を部屋に連れていき、長い時間かけて調教しようとしました」などと述べ、アダルトビデオなどで得た知識から女性を調教できると考えていたようだ。

 一方、弁護側は責任能力については争う姿勢を見せず、殺害したのは警察官を見かけたためで、計画性はなかったと主張した。星島被告は幼児期に、両足に大やけどを負った傷跡を負い目に思い、拘置中には自殺を試み、被害者の冥福を祈るため写経を続けており、反省しているという。

 事件後、マスコミの取材に「自分が疑われているかも」と答えていた星島被告。検察側は14日も被告人質問を続行し、殺害や遺体切断時の状況を聞く方針。月内に5回の集中審理を行い、26日の論告・最終弁論で結審。2月10日に判決となる。
報知スポーツ


あの事件から9ヶ月。いよいよ公判が始まった。
裁判員制度導入を睨み、以前なら数年は掛かっただろう公判を一気に行い、来月10日に判決と言うのは、良い方向かもしれない。

で、この星島被告。どうやら、幼児期に、両足に大やけどを負った傷跡が大きなコンプレックスとなって、いまだ一度も女性との交際経験が無いと言う。34歳にもなっているのだから、当然、そう言う欲求はあるわけで、それがこう言う形でゆがんだ形で噴出してしまったと言う事なんだろう。

が、それにしても、「女性を部屋に連れていき、長い時間かけて調教しようとしました」と言うのがなんとも浅ましい。
どうやらアダルトビデオで得た知識だけで、それが可能と思ったようだが、愚かと言う以外にない。
いかに何でも、あのマンション、被害者がすぐそこに住んでたマンション内で、それが可能だと考える異常さと言うか、愚かさには呆れる以外に無い。

本人は長い時間かけた調教で、やがて恋人のような関係になれると思ってたらしい。
その一方で、自分の足の事に触れたら、殺すかもしれないとも言ったらしい。

その思考は幼いと言うか浅はか、それ以外には言葉が無い。
何の罪も無い被害者を無残に殺害し、きちんとした反省の様子も見えない以上、相当に厳しい罰を与える以外に無い。心の中で反省、謝罪していたと言う弁護側の言葉は、虚しいと言う以外にない。


しかし、それにしても、何故被害者を救えなかったのだろう?
最初に警察が星島被告の部屋を訪れた時、まだ東城瑠理香さんは生きていたようだ。
もしその時、警察が踏み込めていたら、と思うといたたまれない。
警察が部屋を訪れた時、東城さんが抱いた希望は大きかっただろうし、それが自分を見つけることも無いまま帰って言ったときの絶望感、それはもっと大きかっただろう。

とは言え、あの状況下で、いきなり警察が踏み込んでいくと言うのも事実上無理だ。
それを許すと、これもまた怖い時代になってしまう。
実際、あのマンションの住民の中でも、彼以外にも協力を拒んだ住民は多いと言うし、そう言うところに無条件に警察が入ってく、などと言うのを認めるのはとんでもない話だ。


結局、こう言うキチガイから、身を守る方法は、自分たちでやる以外に無い。
それ以外には、身を守れないと言う事。大変だが、そう言うことなんだろう。


こいつは一人を殺しただけだから、無期懲役だと言う事になるのかもしれないが、その犯行の残虐性、身勝手さを考えれば、極刑をもって当たるべきだと言う気がするのだけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

マキムラ
2009年01月14日 11:04
 パパさん、こんにちは。

 童貞か。しかもマンションで一人暮らしか。

 同じような境遇にある人間が今後そういう目で見られるじゃねぇかよ。オイラは(もちろん)童貞ではありませんが、マンションで一人暮らしです。勘弁してよ。きっといろいろ思われてるんだろうなぁ。

 引っ越してきた時に同じ階の住民には全員あいさつしましたが、独身だしなぁ。ちくしょう、このウンコ野郎のキチガイめ。

 問答無用で死刑だろ。反省しているそぶりを見せているらしいけど、そんなモンは当たり前だ。その上で死刑だよ。

 社会に放ったら、違う形でまた女性を襲うよ。今のうちに抹殺するのが世のためだよ。
2009年01月14日 14:05
マキムラさん、こんにちは。

風俗に入ったことがあるようなんで、素人童貞でしょ。

こいつは娑婆に出せば、同じようなことをまたやりますよ。

一生閉じ込めておくか、殺された女性の無念を思えば、極刑でも文句は無いですね。
2009年01月14日 14:16
 パパさん、こんにちは。

 これと、栃木の銃撃事件が今日の大きな話題ですね。

 銃撃した犯人は、ストーカーですね。
 ストーカーは、特定の個人に異常な執着心を持ってまとわりつくので、ある意味まだ一般市民に対しては危険度は低いですね。

 しかし、こいつは「女なら誰でもよかった」わけで、生きてシャバに出せば、また絶対に同じ事をするわけです。

 殺害から死体損壊に至る詳細を読むに、一人の殺人であっても被告には死刑が妥当だと思います。

 早く、刑法に『ちんこ切り落として隔離』という罰則を追加すべきですよ、まじめな話。
2009年01月14日 16:33
橘さん、こんにちは。

しょうも無い事件が多すぎますよ。

こいつはやばいですね。
いろいろ狙った挙句、やったのがこれ。

全部自分勝手な論理だけですし。
一人だけだと言う事で、有期刑などにすれば、本当に危険です。こう言う奴は、刑務所に入れば、規則を破る度胸などないから、いわゆる模範囚と言う事で、早い段階で仮釈放される。

そして、またやります。

死刑、もしくは仮釈放無しの無期懲役。
それくらいは最低科さないとダメでしょうね。
ひょっとこハム太郎
2009年01月14日 18:18
 こういうことは、そういうお店にいけば、優しいお姉さんがやってくれます。
 お金が必要ですが、犯罪起こして、人生棒に振るより安上がりです。
2009年01月15日 07:21
愚かと言うか、本当にどうしようもない馬鹿です。

死刑しかない!と本人が叫んだようですから、希望通りにしてやるべきでしょう。

この記事へのトラックバック

  • 星島被告のOL遺体切断の光と影

    Excerpt: 星島被告がOLを殺害し、その後遺体を切断した理由が明らかになりよったようや。 東京都江東区のマン... Weblog: 長類の書く日記 racked: 2009-01-15 20:42