ミズポの抵抗

福島氏、国会法改正「おかしい」=鳩山首相は与党内調整促す

 福島瑞穂少子化・消費者担当相は14日昼、東京・内幸町の日本記者クラブで講演し、官僚の国会答弁を禁止する国会法改正案について「運用面で工夫すればいい。法律まで作って禁止するのはおかしい」と述べ、改めて反対の姿勢を示した。
 民主党の小沢一郎幹事長は同案を臨時国会に提出する考えを表明しているが、福島氏は官僚の答弁禁止は「表現の自由(の問題)にリンクする」と指摘。その上で「与野党の議員が役所の人に答弁を求めたときに、答弁してもいいのではないか」と述べた。
 鳩山由紀夫首相も14日夕、国会法改正案の扱いに関し、記者団に「臨時国会で間に合うかどうかという議論はあると思う」と指摘した。12月に2010年度予算編成作業が控えていることから、臨時国会に提出して成立を目指すかどうかは、連立与党間で十分調整する必要があるとの考えを示した発言だ。 
時事通信


国会法を改正し、官僚が委員会などで答弁できないようにしようと言う汚沢民主党(事実上)代表の提案に対し、社民党福嶋代表が疑義を呈したらしい。

大丈夫か?ミズポ!切られてしまうぞ!(爆)

これはねえ、個人的にはミズポが正しいと思わんでもない。
官僚の答弁を全面的に禁止して、本当に国会が機能できるのかね?

汚沢は与党議員の議員立法も禁止すると言う暴挙に出てるのだが。
立法府の議員に対し、議員立法を禁止すると言うのはどう言う料簡なんだろう?
日本はそれでなくても、議員立法が少ないと言われてるのにね。
国会議員になって、自分の信念に従った新たな法を提出したい!と言う国会議員として当然の責務を禁止されて、一体どうすれば良いんだろうね?

政治家主導、それを実現するため、この国会法改正も有るようだが、ミズポが泣こうが喚こうが、汚沢には痛くも痒くも無いだろうし、本気で汚沢に抵抗できる議員が与党にいるとも思えないんで、この改悪は決まるのだろう。

ただね、今の民主党のやり方と言うのは、政治家主導を強く印象付けたいためだろうが、官僚を使いこなすと言う発想が完全に欠けているような気がしてならない。
有る官僚が言ってたらしい。

「これまで100人の官僚が行なってきたことを、10人の政治家でやるんだそうだ。お手並み拝見だね」

やるんだろうね、民主党は(笑)

この記事へのコメント

閑話ノート
2009年10月15日 18:23
パパさんこんばんは。「ミズポの抵抗」は、自分の閣僚答弁に自信がないのでしょう。まぁ実際そうだが・・・。(笑)
議員立法もまさしく政治主導と思うのですが・・・。
ためいけ
2009年10月15日 18:54
これはミズポの主張はもっともです。社民は理念だけで生きている政党なんでこのくらいはやってくれないと。公明の自民に対する「土下座連立」に比べれば、言うべきことは言うミズポのほうがはるかにマシ。
ていうか、汚沢ファシズムに異議を唱えられる人間はほかにおらんのか(泣)。
2009年10月16日 07:29
閑話ノートさん、おはようございます。
答弁は無理でしょ。あの喋り方で答弁されても、説得力は0ですから(笑)
議員立法と言うのは、国会議員の大きな仕事。それをやるなと言う汚沢の発想は、異常です。

ためいけさん、おはようございます。
ミズポたんもたまにはまともな事を言う、そう言う事でしょう。
社民の存在感をアピールしないと、本当に完全に埋没しますから。

残念ながら民主党内部には、汚沢に物が言える議員がいない、それが実情でしょう。

この記事へのトラックバック