汚沢、追い詰められたか?

  小沢氏「国民に申し訳ない」=土地購入、意図的な違反否定

 民主党の小沢一郎幹事長は12日夕、党本部で記者会見し、自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題に関し、「国民に誤解を与え、またご迷惑、ご心配をお掛けしていることを大変申し訳なく思っている」と陳謝した。同時に「私自身も私の事務所の者たちも、計算上のミスといったものはあったかもしれないが、意図的に法律に反するような行為はしていないと信じている」と強調した。
 小沢氏は、土地購入の事実関係について「(東京地検特捜部の)捜査が継続中のようだし、弁護士に一任しているので、個別のことについていろいろと申し上げることは差し控えるべきだ」とし、「(捜査に)一応の区切りが付いたらお答えする」と述べた。特捜部による任意の事情聴取に応じるかどうかは明言しなかった。 
時事通信


これまでの会見のような、強気一辺倒のものじゃなかったな、この会見は。
なぜ、態度が一変したんだ?
前回の会見から、今回までで変わったのは、汚沢サイドではなんも無いでしょ?(嘲笑)

絶対権力を手に入れた王様で有る自分の威光の前には、東京地検など一蹴できると思っていたら、どんどん、追い詰められ、殊勝な態度を見せる事で、何とかごまかせないか?と考えているんじゃないのか?

だとしたら甘い!と言うしかないな。


疑惑を晴らしたければ、これは実に簡単。
4億円といわれる、土地購入に関するタンス預金をどうやって作ったのかと言う事と、なぜ、現金がそこに有るのに、一旦現金で支払ったあと、わざわざ銀行から預金担保で借り入れを起したのか、と言うことの合理的な説明をすれば良い。

本当なら、10億もの不動産を、秘書の住居のためと言う事で買い漁るより、それだけ有れば、それなりのマンションが幾つも借りられるのに、政治団体が代表の個人名義でそれでも土地を買わなければならない理由、それも教えていただくとありがたい。


これを単なる記載ミスとかで乗り切れると考えるほど、汚沢もボケてはいないだろう。
当然、今頃は、この手の汚泥問題に強い、汚れた弁護士を一杯集め、対策を練っているんだろう。が、なかなかその対策が出来ない。

汚沢サイドは、地検の任意の事情聴取に対し、取調べの内容を限定するように求めているらしいが、そういう条件付じゃないと、聴取に応じられないと言う事が、汚沢の汚れ方の証明。

当然、特捜部はそういう条件を受け無いだろうし、そうなれば、地検として、証人喚問が可能になるようだし、いよいよ、日本の暗部、汚沢金脈が白日の下に曝される事になるかもしれない。


汚沢は、田中、金丸、竹下の金脈問題を見てきたから、誰よりもそういう点はクリーンにやってる、などと言う戯言を本気にしてた人が居たらしいが、師匠たちを小粒にして、ライバル不在で傲慢、かつ汚れたのが汚沢なんだから、そんなはずないでしょ?

いよいよ、さよなら汚沢君、その日が近くなるかもしれないよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ためいけ
2010年01月13日 17:14
汚沢は、田中、金丸、竹下の金脈問題を見てきたから、誰よりもそういう点はクリーンにやってる、などと言う戯言を本気にしてた人

誰ですか、そんなのんきな人は(笑)。これらの師匠から学べる事は「政治は力。力とはカネ」ですよ。しかしながら、全ての師匠がカネで失脚したため、汚沢は「俺はもっと上手くごまかす」これしかありません。パパさんがおっしゃる「(クリーンに見せかけて)汚沢の懐には金が入る仕組みを作りますよ。それが汚沢一郎なんですから」という見方こそが正解ですよね。ご慧眼に脱帽いたします。
早く日本の政治が正常化するためにも、汚沢のようなガンが取り除かれてくれないと困ります。お互いの疑惑の追求ごっこをしてる場合ではないんですけどねえ。今のニッポンは。
2010年01月14日 07:04
ためいけさん、おはようございます。
かつての師匠たちが、逮捕され、失脚していくところを見ていただけに、さらに巧妙に、法の隙間をついていたんでしょうが、塀の上を歩いて中には落ちない、と言われた田中角栄も落ちました。

とうぜん、汚沢も落ちるはず。
ついに、東京地検が強制捜査をやりました。かつて、こう言う行動を知見がやった後は、政治家逮捕が常ですから、いよいよ、汚沢逮捕が近いのかもしれませんね。

この記事へのトラックバック