谷垣総裁、攻めきれず

  政治とカネ、谷垣氏攻め切れず=党首対決も自民内に不満

 鳩山由紀夫首相と谷垣禎一自民党総裁による政権交代後初の「党首対決」となった21日の衆院予算委員会。谷垣氏は、首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題を中心に首相に質問を浴びせた。しかし、質問は迫力に欠け、追及はいま一つ。首相を攻め切れず、自民党内からは「突っ込み不足」との不満も漏れた。ここ一番で存在感を発揮できず、「発信力不足」の定評を覆すことはできなかった。
 「民、信なくば立たずという。首相や与党幹事長の周辺に起訴や逮捕が相次いでいるのは異様な事態だ」。谷垣氏は質疑の冒頭、論語の有名な一節を引き合いに出しつつ、首相と小沢氏にまつわる疑惑追及ののろしを上げた。
 野党党首は本会議の代表質問で政府方針をただすのが通例だが、昨年9月の鳩山内閣発足以来、民主党が党首討論開催を拒否してきたことから、一問一答で丁々発止の議論が期待できる予算委へ異例の登板となった。
 もっとも、首相の偽装献金事件で実母からの資金提供をいくら追及しても、首相は「知らなかった」の一点張りで、谷垣氏は攻めあぐねた。小沢氏の事件で、首相が小沢氏に「(検察と)闘ってください」と述べた件では、「首相の発言としてふさわしくない。指揮権発動まで意識したのか」と迫ったが、首相が「検察へ圧力を掛ける思いはない」「(指揮権発動の)思いは全くない」などと答弁すると、それ以上の追及はなかった。
 指揮権発動に関する質疑で、千葉景子法相は「一般論として指揮権が法相に付与されている。それ以上のお答えは差し控えたい」との答弁にとどまったものの、谷垣氏は「きょうのところはそのくらいにしておきましょう」と次のテーマに移行。これには「甘い」と自民党サイドからやじられる一幕もあった。 
時事通信


谷垣さんと言うのは、見るからに人が良さそうな感じではある。
だが、今自民党はまさしく、危急存亡の時。
野党転落後、これまでほとんど、党としての存在感を見せられずに来た訳ですよ。

それが、これほど、民主党の金にまつわる問題が続出するのに、いまだに民主党の支持率を超えられない、と言うより、自民党の支持率が下がったりする要因だった訳で、この予算委員会での“事実上の党首討論”はまさしく、党政回復への最初の一歩になるはずだったのだから、もっと、迫力を持ってぶつからないと話にならない。

総理や、千葉法相があやふやな答弁を行ったら、納得できる答弁を求め、審議をストップさせる位の迫力を持って質問をしないと話にならない。

何と言うか、自民党の議員からまで、「俺に代われ」とやじられる、なんとも迫力が無い。
確かに、質問したこと、さらに、万が一、総理の子供手当て問題を、総理が知ってた事が証明された場合、議員バッヂを外す、と明言させた事などは評価出来ない事も無いが、なんとも消化不良。

こう言うのを、多分、小泉とか菅にやらせたら、相当な迫力が出たんだろうが、何と言うか、お人好しとお坊ちゃまが互いに攻めきれず、守りきれない消化不良の内容だったみたいだな。

この程度の質問をやるのなら、何も、野党総裁がわざわざ質問に立つ必要など無かったという気がする。
声を荒げたり、そう言う事をやれば良いという物じゃない。
ただ、おそらくだが、石破政調会長を質問者に立てていれば、あの淡々としながら、論理的に総理をもっと追い詰めたと言う気がするんだけどね。

昨日の様子を生で見た訳じゃないし、一部を切り取った画面でしか見てないのだが、あれでは、今度の「党首討論」にもまったく期待できない。

谷垣総裁を選んだ事をいまさら後悔してもどうにもならない。
彼を押し立て、当分、やっていくしかないんだからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

口べた
2010年01月22日 08:53
立ち位置もいろいろですが
与野党問わず人が育っていないこの悲しい現実
民族の問題でしょうか
イギリス人はビートルズしかりで音楽に優れてるが絵描きには大したのいません
日本人は匠はいても政治にしても都市にしても総合的な構築力の才が民族的に無いのかも
人材がいない、無い物ねだりですから
少しでもマシな方で行きましょう
口がうまければいいわけではないけど口べたで政治家やってるのもねー
首相も首相、総裁も総裁.........
2010年01月22日 12:37
口べたさん、こんにちは。
本当は、言論人である政治家は、口べたじゃまずいんでしょうけどね。

口数が多くなくても良いから、説得力があればいいんです。

悲しい国です。
ためいけ
2010年01月22日 18:00
こんにちは。いや、本当にこの二人は「お人好しとお坊ちゃま」なんでしょうねえ。
汚沢みたいな独裁者は論外にしても、同じ党の人間に「俺に代われ」とやじられるほど権威がない党首もまたさびしすぎ(泣
)。ここまでの自分への評価は谷垣さんだってわかってるはずなんだから、むしろ多少暴走してもよかったくらいだと思いますけどね。総理、総理、総理!!とか(笑)。

いや、冗談じゃなく存在をアピールしてくれないと、さすがに選挙前に首相はともかく総裁はすげかえられないでしょうから、どうにもならなくなっちゃいますよね。
2010年01月23日 08:10
ためいけさん、おはようございます。
わざわざ、予算委員会で総裁が質問に立った意味が無い。
下品に攻める必要は無いが、「さすがだ」と思わせるような質問が必要だったと言うことでしょう。

きっと今頃、あの総裁選挙で谷垣氏を推してしまったことを公開している議員が一杯いるんでしょうね。

彼は平時には良い総裁かもしれませんが、今の自民党のような危急存亡時の総裁としては役者が足りません。

この記事へのトラックバック