「別れさせ屋」殺人事件、懲役15年

     「別れさせ屋」に懲役15年=離婚させた交際相手殺害-東京地裁

 報酬目当てに離婚工作などを請け負う「別れさせ屋」の男が、離婚させた後に交際を続けた女性を殺害したとして、殺人罪などに問われた事件の判決が9日、東京地裁であり、合田悦三裁判長は懲役15年(求刑懲役17年)を言い渡した。
 男は元探偵会社社員桑原武被告(31)。判決によると、桑原被告は2007年、離婚を求める夫の依頼を受け、名前や職業を偽って五十畑里恵さん=死亡当時(32)=に接近し、交際を開始。離婚成立後も付き合いを続けたが、昨年4月に口論になり、首を絞めて殺害した。
 合田裁判長は「別れさせ工作」について、「不法のそしりや社会的非難を免れ得ないもので、金目当てに工作に及ぶ者や、目的のためには手段を選ばず依頼する者が存在すること自体が遺憾」と非難。被告について、「短絡的、自己中心的で酌むべき点はない」と述べた。 
時事通信


「別れさせ屋」と言う商売が実際にあって、今も存在していると言うのがね、なんとも凄いなあ。
これ、男と女、どっちがより利用するんだろう?

要するに、別れたいのに相手が聞いてくれないものが、この「別れさせ屋」に、何らかの方法で別れさせてもらうわけですよね?
そうか、そんなに別れると言う事に苦労する人が多いんだなあ。商売になるくらいに。

感覚的に言うと、「他に好きな相手が出来てしまった」と言うものが、落ち度が無い相手と別れるのに、通常の離婚手続きなどをやれば、「慰謝料」とか「財産分与」がかなり発生するから、「別れさせ屋」に、相手に不利な状況を作り出させ、そう言うものを節減しようと言う事なんだろうねえ。

だからこそ、裁判長も「不法のそしりや社会的非難を免れ得ないもので、金目当てに工作に及ぶ者や、目的のためには手段を選ばず依頼する者が存在すること自体が遺憾」と、別れさせ屋のみならず、それに依頼するものを批判したんだろう。

まあね、世の中には、どれほど自分に非があろうが、なんだろうが、絶対に別れる事を納得しない人間もいるからね、そう言う相手と別れさせてくれる人がいたら、頼みたくなる人もいるだろうから、一概に全部ダメとは言わないが、前記したような理由で利用するものが多いんだかろうから、批判される仕事と言う事になるんだろうね。


で、この事件。多分、そっちだったんだと思うのさ。
何しろ、この桑原被告は、妻子持ちであるにもかかわらず、偽名を使って里恵さんに近づき、不倫関係に持っていって、元夫に有利な形で離婚させたらしいからね。

本当のプロなら、そこで里恵三と、こいつは離れていかなければならなかったんだろうが、それをやらなかったと言う事は、素人と変わらないね。どうしようも無い奴だな。
こんな奴にころっと騙され、夫離別させられた挙句、殺されてしまった里恵さんと言う女性が、なんとも悲しいね。

人一人を身勝手な理由で殺しても、懲役15年。
長いと言う人も有るだろうが、そうは思えないね。短いよね。
里恵さんは、そう言う不便な状況にすら二度となれないのだからさ。


なんだか嫌な事件だよ。

この記事へのコメント

スクネ
2010年03月10日 13:03
 パパさん、こんにちは。
マスコミは、"別れさせ屋"というフレーズを強調しているフシがありますが、実際はよくある短絡的な殺人事件だと思います。
この被告人、仕事を忘れて本気になったのかな?元夫も、自分のやりたいこと(離婚)は、自分でやりなさいと言いたいですね。
別れさせ屋もろくな商売とは思いませんが、依頼するお客様も、あまり感心しませんね。
2010年03月10日 15:15
スクネさん、こんにちは
職業が特殊だったと言う事が大きく報道される原因だと言うのは間違いないでしょうね。

妻子がいることがばれた馬鹿男が、殺してしまったと言う短絡的なよくある事件ですけど。

どっちもダメです。別れさせ屋も頼む奴も。

この記事へのトラックバック