クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主代表選、スタート

<<   作成日時 : 2010/09/02 07:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

   「小沢首相」想像できない=菅氏が挑発―民主代表選

 「どういう首相になるつもりかお示しいただき、国民が判断できるようにしてほしい」。民主党代表選立候補者による1日の共同記者会見で、菅直人首相は小沢一郎前幹事長にこう求めた。隠密行動が目立ち、説明不足が指摘される小沢氏の政治スタイルを意識し、菅氏が小沢氏を挑発した形だ。

 菅氏はさらに、「長い間予算委員会に(首相として)小沢さんが座っている場面が想像できない」と追い打ち。冗談めかしながらも、衆院本会議をしばしば欠席し、「国会軽視」と批判される小沢氏の「適性」を問題視した。

 苦笑いしながら聞いていた小沢氏は、中曽根内閣の自治相を務めた経験を振り返り「長時間予算委に座っていろいろな質問に答えてきた」と反論。「特別心を入れ替えて、というつもりはない。自分自身の持ち味で誠実に淡々と役職をこなしていく」とマイペースを宣言していた。

時事通信

「どういう首相になるつもりかお示しいただき、国民が判断できるようにしてほしい」

空きカンのこの言葉は、彼には珍しく、どこまでも正しい。
汚沢はここまで、これと言うような政策を全く、打ち出していない。

民主党代表当時、彼が作成させたマニフェストで民主党は衆院選を戦った。
汚沢は当時、財源を心配する党内に向かい、「財源など、政権を取ればどうにでもなる」と言い放ち、20兆円以上の財源が必要となる、ばら撒きマニフェストを作らせた。

汚沢はまず、どうにでもなるはずの財源が、一体どうなったのかを、まずきちんと説明すべきだ。

昨日も財源のひとつとして、汚沢は、「ひも付きの地方交付税を一括交付すれば、削減できる」と言ったが、地方の要求は、ひも付きから一括交付に変えても、今と同様の金額を求めており、容易な話じゃない。

ついでに言えば、財源が無い事を理由に、マニフェストを見直すことを批判する汚沢だが、財源が足りないとして、マニフェストに謳っていた「暫定税率廃止」を見直すことを求めたのは、どこの誰だったのか?


別に、菅が良い総理だとは思わない。が、二人のうちどちらかを選ばなければならない以上、埼玉の知事が言うように「ダメな政治家(汚沢)とダメそうな政治家(菅)の戦い」であるのだから、ダメそうなほうがまだましだと言う事だ。

イギリス紙などから笑われているように、どこの世界に政界混乱の責任をとって辞任した人間が、わずか3ヶ月で1政党の幹事長どころではなく、内閣総理大臣になろうとするのか?全く意味不明だよ。

あの辞任劇は、それこそ本当に単なる辞任「劇」でしかなったと言う事だ。

昨日も、政治とカネの問題を突っ込まれ、「国会はそう言う場ではなく、専門家の検察が1年以上かけて捜査し、犯罪は無かったと認められた」と強弁したのだが、馬鹿か?検察は、「容疑なし」ではなく、「証拠不十分」で起訴に持ち込めなかったのであって、容疑なしなどと言っていない事がわかっていながらの、この強弁。

さらに、何度も説明したと言うが、たまには世論調査を読め!国民の大多数が、全く説明責任を果たしていないと感じているのは明らか。
確かに、国会は捜査権を持つ場所じゃないかもしれないが、国民の前で、きちんと説明をすることが出来る場所であるのだから、堂々とテレビ中継を入れて、偽証罪がある「証人喚問」に応じる
事をやったらどうなんだ?


で、この記事だが、国会にこれほど出席しなかった人が、何を言っているんだ?と言う話。
20年も前の、まだ、健康な時代にやった事を引き合いに出して、今もやれるみたいな事を言っているが、何かにつけ、体調不良を理由に、会見や国会、会合を欠席してきたのはどこのどなただったのか?と。
もし、本当に総理になっても、あの激務に耐えられると言うのなら、これまでの欠席理由は、サボりたいがための嘘だったと言う事だね。


一応、二人とも、「代表選後に分裂はありえない」と言っているようだが、汚沢が負けたら確実に分裂するな。
ここまではっきりと、「反汚沢」の姿勢を明確化し、汚沢の「政治とカネ」の問題を追及する姿勢を空きカンが示した以上、民主党に残っても、居場所が無いどころか、ギリギリ追い詰められて行く。

逆に汚沢が勝てば、菅支持派は、徹底的に干される事が明らかであり、さらに、汚沢による「政治とカネ」問題隠しが行われる事に反発し、彼らがそのまま党に残るはずが無い。


民主党分裂の始まりの代表選挙。
がっかりだね、ろくな候補がいないと言うのは、本当に哀しい話だよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
民衆代表選 共同会見
菅氏「首相を選ぶ選挙」=小沢氏「政治主導実現する」―民主代... ...続きを見る
王様の耳はロバの耳
2010/09/02 11:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
百歩譲って、汚沢のダーティな部分に眼をつぶるとしても…ヤツの政策や目指すところは全くわからないんですよね。だからこそ、数を得るという目的のために、社民とでも国民新党とでも平気で組めるんでしょうけど。
菅はそれでも一応、その手法やら方法論に問題ありとは言え、なんとなくやりたいことはわかる。「最小不幸社会をつくるために消費税を」てのはもっともですから。
あのバカポッポですらわかりました。あほらしいスローガンでしかなかったですが「友愛」とか。
しかし、汚沢はそのスローガンすらない。政治主導、という言葉には主語がないです。何を政治主導でやるのか。
たとえ、ダーティな部分が全くなく、クリアな「小沢一郎」であっても首相になるべき人材ではありません。
ためいけ
2010/09/02 17:55
ためいけさん、おはようございます。
「最小不幸社会の実現」と言うのは、良いスローガンだと思います。

なかなか最高幸福社会は出来ませんが、最小不幸社会は、政治が頑張れば、と言うのが有りますからね。

菅に出来るとは思いませんが。

汚沢は相変わらず、予算の組み替え、無駄の削減で財源は出てくる、と言いますが、それなら具体策の一つや二つ、示さないとダメでしょう。

また、普天間もいかにも何か具体策があるような事を、出馬会見で言いながら、この討論会で突っ込まれたら、そう言うのは無いという。

この人の「剛碗」と言うイメージを頼りにすると、物凄い裏切りに会いますよ。
クルトンパパ
2010/09/03 07:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主代表選、スタート クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる