呆れて内閣官房参与辞任

「その場限りの対応で事態収束遅らせた」小佐古内閣官房参与が辞意 政権を批判

 小佐古敏荘(こさこ・としそう)内閣官房参与(東京大大学院教授)が29日、官邸を訪ね菅直人首相宛てに辞表を提出した。小佐古氏は同日夕記者会見し、東京電力福島第1原子力発電所事故への政府の取り組みに関し「その場限りの対応で事態の収束を遅らせた」と激しく批判した。

 小佐古氏は放射線安全学の専門家。首相は原発事故で外部から助言をもらうため、6人の内閣官房参与を起用した。最も早い3月16日に就任した同氏が、公然と政権批判して辞意を表明したことは、首相の原発対応の稚拙さを改めて浮き彫りにした。

 27日に今後の原子力対策について報告書を提出した小佐古氏は、「提言の一部は実現したが、対策が講じられていないのもある。何を言っても無意味だというなら、参与に留まる意味がない」と述べ、不満をあらわにさせた。

 なかでも福島県内の小学校や幼稚園などの利用基準で、被曝(ひばく)限度を年間20ミリシーベルトと設定していることを「とても許すことができない」と非難。特に同県内の小学校などの校庭の利用に際し、この基準を使用することを問題視し、見直しを求めた。

 さらに「(小学生らに)無用な被曝をさせてはいけないと官邸に何度も言った。(このままだと)私の学者としての生命が終わる」と述べた。

 緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(SPEEDI)についても「法令の手順通り運用されておらず、結果も迅速に公表していない」と指摘した。

産経新聞 4月29日(金)

震災後、てめえの不手際を隠すために、総理が次々と起用した、内閣官房参与のうち、最初に起用された小佐古東大大学院教授が「提言の一部は実現したが、対策が講じられていないのもある。何を言っても無意味だというなら、参与に留まる意味がない」として、辞任した。

小佐古氏は、子供たちへの被曝限度を年間20ミリシーベルトと設定していることを特に問題視し、「(小学生らに)無用な被曝をさせてはいけないと官邸に何度も言った。(このままだと)私の学者としての生命が終わる」として辞任の理由とした訳だが、と言う事は、政府が認めている年間20ミリシーベルトは、安全な物ではないと言う事なのか?

こういうのを聞くと、作業員とか公務員の被曝限度も、次々と引き上げられているが、あれも本当に大丈夫なのか?と心配になるぞ。まあ、どう考えても、作業を続行させるため、無理に引き上げた感じがするのだけど、それはそれで、ぎりぎりの基準は守っているのだろうし、何より大人なのだから、ある程度は納得した上で、と言う事だろうが、子供は違うからねえ。

それにしても、何のために馬鹿ンは、内閣官房参与を次々と起用したのかね?
起用したと言う事は、彼らの専門家としての識見を必要としたからなのだろうに、その意見を無視するのなら、多くの内閣官房参与の起用は、馬鹿ンの単なる自己満足と失態隠しのためだとしか思えない。

内閣官房参与もそうだろうが、おそらく、数多くの何とか本部、何とか委員会も似たような物なのだろうね。

確かに、馬鹿ンは、次々と専門家を起用したし、復興と事故対策の委員会、本部を立ち上げたが、今までのところ、何にも機能していない。
船頭多くて船が山に登れば、まだ何かの役に立つかもしれないが、今の馬鹿ン執行部は、船頭多く、船海の底に沈む状態だぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

noga
2011年04月30日 08:34
日本人には意思がない。
だから、意思決定ができない。
神の意思による災害は天災、人の意思によるものは人災。
意思という概念がなければ、天災と人災の区別も定かではない。
人の行動を納得できるものに改めることも容易ではない。

指導力は、指導者の社会意思の決定力である。
意思そのものがなければ、社会問題は解決を見ない。
問題の解決は、先送りと積み残しに終始する。
なりゆき任せになる。
「そのうち、何とかなるだろう」ということになる。

未来の内容が定かに考えられないと、想定外のことばかりが起こる。
目の前に事態が現われてからでは、その対策は後手後手に回る。
未来のことは、未来時制の構文の中で述べられる。
日本語には、時制がなく、未来時制もない。
だから、その計画も行き当たりばったりになる。

日本人は、拙速主義である。場当たり的なトントン葺きの家づくりが得意である。
大ブタさんのわらの家をつくる。
災害に強い子ブタさんの煉瓦の家は作らない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812




この記事へのトラックバック