汚沢、最後の賭け!?不信任賛成へ

小沢氏、不信任案賛成を示唆=民主執行部、造反に厳正対処

 民主党の小沢一郎元代表は30日午後、自身を支持する同党中堅・若手議員と会い、自民、公明両党が内閣不信任決議案を提出した場合、賛成も視野に首相退陣を目指す考えを示した。一方、菅直人首相は同日、民主党の岡田克也幹事長と首相官邸で会談し、不信任案採決で造反者が出た場合は「厳正に対処する」ことで一致。不信任案への対応をめぐり、民主党内の対立が激化してきた。

 小沢氏は同日、鳩山由紀夫前首相と都内の鳩山氏の事務所で会談し、不信任案に同調する動きが党内で拡大していると指摘。鳩山氏は、首相から電話で「原発の話を聞きたい」と会談の呼び掛けがあったことを伝えた。

 小沢氏はこの後、自身を支持する中堅・若手の「一新会」の会合に出席し、「平和裏に、穏便にうまく収まるように考えていかなければならない」と述べ、首相の自発的な辞任を目指す考えを表明。「それでも駄目なら決断するときは決断する」と、不信任案に賛成する可能性を示唆した。同時に、首相から会談の打診があれば応じる意向も示した。

 これに対し、岡田氏は小沢氏と近い輿石東参院議員会長とも協議し、造反に厳しい処分で臨むことを確認。この後の記者会見で「不信任案に賛成する決意なら、党を離れるのが前提だ」と造反の動きをけん制した。また、安住淳国対委員長は記者団に「厳正対処」について、「除名(除籍)を含む」と強調した。
 
時事通信 5月30日(月)

汚沢一郎にとって、これは最後の賭けになるのだろうね。
このまま黙っていたのでは、裁判の行方次第では、完全に政界に居場所が無くなる。

裁判にしても、簡単に収束するとは言えないし、何より、水谷建設側が大久保秘書らに金を渡した事を裁判所で証言しているだけに、汚沢一郎自身の関与まで認定できるかは微妙だが、大久保、石川被告らが有罪になる可能性はかなり高い以上、民主党内での立ち居地を失う可能性は高い。

それならばいっそ、与党にいながら、総理への不信任案に賛成すると言う禁じ手を使い、成立させられれば、一気に政界再編の主役になれるし、成立させられなくても、党を割る事で、その後の混乱する政界で、非常に大きなポジションを占められる可能性がある、と言う判断なのだろう。

汚沢にしてみれば、合同誕生会で渡部最高顧問、前原前外相らと関係を改善できたとは言え、それでもまだ、どう考えても汚沢を民主党が必要とする、と言うところまでは行かない可能性が高い以上、不信任案賛成を武器として、執行部に揺さぶりをかけ、自らの子分達の立場を良くすることで復権を迫るが、もし出来なければ、本気で党を割って出るつもりかもしれない。

それは、かつて、竹下派内部での抗争に敗れ、少数派となった汚沢が、宮沢内閣に対し提出された不信任案に賛成し、その後離党、新生党を結党し細川内閣誕生に大きな力を果たし、その後の政界に強大な影響力を及ぼすようになった過去を、今一度、繰り返すと言う事かもしれない。

あとはどれほどのメンバーがついていくのか?だ。
松木や山岡らは同調するだろうが、さすがに前原派、鳩山派からは同調者は出そうもないし、汚沢に近い、原口らにしても、ここで民主党を割る、と言う事に対し、支持者の理解が得られるのか?と言う問題も有るし、何より、今離党し、近づく総選挙で多くの汚沢チルドレンたちには、先立つものが無い以上、民主党を離れられないと言う事が現実に有るわけだし。

それにしても、、80名以上が必要と言われる造反議員。かつての自民党の派閥ほどの締め付けが無い、今の民主党の派閥で、どれほどのメンバーが汚沢についていくのか?

ただし「落ちてしまえばただの人」になる国会議員だから、多くの新人議員たちにとって、民主党に残るほうが勝てるか?それとも汚沢と行動をともにしたほうが勝てるのか?と言うことが判断材料となり、雪崩を打って、汚沢について行く者が出てくる可能性もあるだけに、執行部は今後、彼らに次の選挙で有利な条件を提示し、一方で、離反した場合には対立候補を立てる、と言う事で脅し、何とか踏みとどまらせようとするのだろう。

はっきりしているのは、国家危急の時、政権与党がこう言う体たらく、と言うのが、どう考えても我が国の不幸だと言う事は間違いない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック