会期70日延長へ!延命抜け道探る馬鹿ン

   会期70日間延長へ 首相、8月末まで続投

 22日に通常国会の会期末を控え、菅直人首相は21日夜、民主党の岡田克也幹事長、枝野幸男官房長官と首相公邸で会談し、会期を8月31日まで70日間延長する方針を固めた。これで8月末までの首相の続投が確実となった。岡田氏は22日に野党側と最終協議をして理解を求める考えだが、政府・与党が延長幅を二転三転させたことに野党は反発を強めており、国会は今後も荒れ続ける公算が大きい。

 岡田氏は21日午前、自民党の石原伸晃、公明党の井上義久の両幹事長と都内で会談し、第2次補正予算案と特例公債法案の成立、再生エネルギー特別措置法案の審議入りと引き換えに首相が退陣する旨を伝え、8月11日までの50日間の延長を打診した。首相の退陣時期に関しては「第3次補正予算案は新首相が対応する」と明記した確認書を交わすことで大筋合意した。

 この後、岡田氏が首相官邸に赴き、首相に合意内容を説明したところ、首相は退陣時期の文書化に強く反発。再生エネルギー特措法の成立に向けて大幅延長を改めて指示した。

 このため、21日午後に予定された与野党幹事長会談、衆院本会議は見送られた。岡田氏らは断続的に首相官邸を訪れ、首相の説得を試みたが、最終的に首相に押しきられた。

 政府・民主党は22日午前に与野党幹事長会談を開いた上で、衆参両院本会議で会期延長の議決を目指す。

 国会審議円滑化を狙い、自公両党に「第3次補正予算案は新体制で対応する」と修正した確認書への同意を求める方針だが、野党は不信感を募らせており、応じる公算は小さい。

 むしろ、赤字国債発行に不可欠な特例公債法案や、首相への問責決議案などをテコにますます退陣圧力を強める公算が大きい。

産経新聞 6月22日(水)

どうやら2転3転した、今国会の延長幅が、70日と言う事で与野党が合意する見通しとなった。
当初は、50日と言う事で、公債特例法案、第2次補正予算成立での退陣と言う事だったのだが、再生エネルギー特別措置法案にこだわる姿勢を見せる馬鹿ンが、必死の抵抗を見せ、最終的には70日と言う事で政府・与党が一致し、年末までの通年国会を求める公明・みんなの党との関係も有り、これを飲まないと野党でも浮いてしまう事を恐れる自民党も了承する方向のようだ。

ただし、当初は「第3次補正予算案は新首相が対応する」としていたものを、「新体制」と言い換えることで総理が納得したと言うのが、非常に怖い話だとおもうぞ。

なにしろ、内閣不信任案提出時、ポッポに対し退陣するかのような事を言い、さらに両院議員総会でも明言しないまでもその場の全員が退陣するんだ、と受け止められる表現をしながら、一転、不信任案が否決されるや否や、来年1月過ぎまでの続投に意欲を見せると言う豹変した馬鹿ンだからね。

第3次補正を新総理で、となれば自分じゃないが、「新体制」と言う事なら、内閣改造で出来る可能性が有ると言う事を考えていそうな気がするぞ。

おそらくそう言う事に対し、自公などの野党は不信感を募らせるんだろうね。
いったんは、幹事長会談で50日の延長で合意しながら、あっさり反故にしたと言う事があるだけに、与党に対する不信感は相当な物があるだろう。

それ以前に、会期延長幅を会期切れ前日まで提示できない与党など、全く信用出来ないと言うのは当然の話だろうな。

結局、馬鹿ンは70日延長して、再生エネルギー特別阻止法案成立で、エネルギー政策転換のスタートとなった総理として名前を残したいと言う事なんだろうな。
自民党などは、持ち帰ってとは言え、受け入れる形になるのだろう。
が、馬鹿ンがさらに姑息な延命工作をするようなら、記事にもあるように参院での問責決議とそれを受けての、全面審議拒否という形で、完全に退陣に追い込む事を目指すだろう。


馬鹿ンがこだわってるかのように見せる再生エネルギー特別措置法安打が、震災前に提出された時には、馬鹿ンがこれにこだわりを持っているという姿勢など、全く無かった。
馬鹿ンは「何かを目指し総理になったのではなく、総理になりたくて総理になった」のだから、何をやりたいと言うのが無く、名前を残したい、と言う事しかない。

だから突然、消費税上げを言い出したり、TPPに政治生命を賭ける、などと言いながら、いずれもそれほどのこだわりを見せていないのは、退陣が近づいてから、消費税にもTPPにも触れようとしない事で明らかなのだよ。

要するに、なんでも良いから、将来「あれをやった総理」として名前を残したい、というだけなんだよね。
追い込まれだした時、たまたま以前、突然ぶち上げた再生可能エネルギーにシフトしていく、と言う思いつきに近い法案があることに気がつき、これを成立させれば俺の名は後世に残るぞ!って思っただけなんだよ。



ただ、70日になったとしても、経済界の強い反対姿勢を受け、自民党などが慎重姿勢を崩していないだけに、当然、細部に至るまでの慎重な議論が行われるだけに、とてもじゃないが成立の可能性は薄い。
と言う事は、本来70日の延長で退陣、と思われる馬鹿ンがこの法案成立という勲章を得られる可能性は非常に低いのだが、何しろ、前言撤回に全く抵抗感が無い馬鹿ンだけに、第3次補正、さらに9月の訪米に際しTPPを手土産にするとか、最悪、外国人賛成法案まで、などと考えているんじゃないのか?って思いたくなるけどね。

果たして本当に馬鹿ンを辞めさせられるのか?与野党ともに性根を据えてあたらないと、あれの執着心を超えるのは本当に難しいと思うぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

noga
2011年06月22日 11:43
どうしてこれほど次元の低い、中身のない権力争いになってしまったのか。
たとえば、菅さんに代わって新しい方が総理大臣になったら、どういうことを国民にアッピールするのか。日本の政府は何をするのか。
大連立は手段であって、その目的はまた別であります。その話なしでは、国民は政治にはあまり興味はありません。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
世界史は面白い
2011年06月22日 17:23
>どうしてこれほど次元の低い、中身のない権力争いになってしまったのか
 左翼マスゴミの捏造・偏向報道の暴走を国民が許したことが一番の理由だと考えます。
 極最近まで、国民が政治を知る手段がマスコミにしかなく、そのマスコミが偏向報道をしていた場合間違った情報を元に投票せざるを得なかった訳です。
 まともな判断が出来るのは、『身近にまともな政治家が居て、正しいニュースソースを得られる者』、『産経新聞とその他の左翼新聞を冷静に比較できる者』に限られたわけです。
 また『政治の監視・言論の自由』というお題目の元で、売国マスゴミの暴走を止める方法が無く、政治家も安易に手が出せなかった。
 安倍総理が手を出した結果どうなったかは、ご存知の通り。
 日本の政治を良くするにはまず、売国マスゴミに惑わされず国民がまともな保守政党を選ぶこと。
 国民の支持があれば、政治家にもマスコミを断罪することができます。
 僕の知る自民党の政治家は『一番の敵はみのもんた』だとぼやいてましたよ。
2011年06月23日 06:39
世界史は面白いさん、おはようございます。
今、マスコミも迷走していますからね。
これと言うものが無いまま、とにかく何とか前進しようとしているのですが、とんでもない方向に進んでいるものもあって、どれを信じるべきかを、われわれがきちんと判断する事が求められる時代です。

みのもんたは、何にも無いんですよね、芯が。それなのに、なんとなく影響力みたいなものが有るらしい、それが一番困ったものです。
あの人は、所詮、電波芸者以外の何物でも無いんですから。

この記事へのトラックバック

  • 与野党幹事長会談が見送り

    Excerpt: 今の内閣は場当たり的にに先延ばしするが好きなようだ。 延命工作について誰も好意的な意見なんか聞かない。 閉会するならなんて思っていたらそうじゃない。 被災者を考えるんじゃなくて手柄を.. Weblog: 夢の中で柔軟剤買っている時ぐらい乳酸菌とシェイプアップ racked: 2011-06-22 18:28