「奇跡のタッチダウン」 ジョン・グリシャム

リーガルサスペンスの巨匠である作者が、こういうのも書くんだ、と思ったよ。

NFLの各チームで、第3クォーターバックとして、各チームを転々としていたリック・ドッカリーは、スーパーボール出場を懸けた大一番で、とんでもないミスを繰り返し、NFLに居場所を失った。
彼のエージェントが次に彼に示した所属先が、パルマパンサーズ。

イタリアにもちゃんとNFLがあり、スーパーボールもある。
ただし、カルチョの国イタリアでは、フットボールは完全にマイナースポーツで、助っ人であるアメリカ人選手以外は全員、アマチュア。

そういう中で、史上最大の「カモ選手」と呼ばれたドッカリーが、どうするのか?
第3クォーターバックとはいえ、そう言う所に本物のNFLのクォーターバックがやってくることなどないからね。

これはね、ある程度、アメリカンフットボールのルールを知ってたほうが楽しめるかもしれないが、知らなくても十分に楽しめる作品だと思う。

そう言えば、今開催中のアメフト世界選手権で日本チームが決勝目前。
頑張ってるという事が、今日新聞に出てたねえ。

面白かったよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「奇跡のタッチダウン(下)」ジョン・グリシャム

    Excerpt: リーグ戦は9チーム8試合。 リックのいるパルマはどうなるのか。   緒戦に勝ったパルマは慢心していた。 続くミラノ戦ではまさかの敗戦。 次の試合も負け、チームは空中分解状態に。 リック自身、酒.. Weblog: りゅうちゃん別館 racked: 2015-03-20 17:00