民・自、増税に一直線

 自民、10%へ2段階上げ同意=軽減税率を主張―消費税3党協議

 消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案の修正協議をめぐり、民主、自民、公明3党の実務者は11日午前、衆院議員会館で税制に関する分科会の初会合を開いた。自民党は消費税率を2014年4月に8%、15年10月に10%へ2段階で引き上げる政府・民主党案に同意した。焦点の低所得者対策に関しては各党の主張は平行線をたどり、12日に改めて協議することになった。

 消費増税について公明党は、社会保障改革の全体像の提示が前提だとの従来の立場を崩さなかった。

 野田佳彦首相は11日午前の衆院一体改革特別委員会で「会期末の21日をにらみながら(野党との)合意、採決を目指し、最大限の努力をする」と強調した。

 低所得者対策について、政府・民主党は10%への引き上げ以降に、所得税控除と現金支給を組み合わせた「給付付き税額控除」の導入を検討している。自民党は11日の会合で、これに反対し、生活必需品などへの軽減税率の導入を検討すべきだと主張。8%の際に政府が実施するとしている「簡素な給付措置」は容認するとした。また、経済状況次第で増税を停止する景気条項に関しては、成長率の明記は必要ないとの見解を示した。
 
時事通信 2012年6月11日(月)

あのさ、増税一直線と言う事はわかったのだが前提条件であるはずの、景気回復認定の数値などの具体的なものはどうなってるんだ?
なんだか、景気回復などあろうがなかろうが、増税一直線のような気がするんだが?

しかも、財政再建のためとかなんとか言いながら、天下りの全廃もないし、無駄の削減なども中途半端以前のお茶を濁しただけで、民主党が主張していた20兆円などお笑い種。

会期末が迫っていると言う事で、なんだかとにかく、今国会中に決めるんだ、と言う事ばっかりで、非常に大事な、中身の議論が深まらないまま進んでいるようなね。

これはまだ、公明党が言う社会保障改革の全体像の提示が前提と言うのが仏の感覚であり、無駄の削減も政治、官庁が痛みを味わう事もなく、社会保障との一体改革と言いながら、社会保障は後回しで、とにかく増税だ!と言うのは違うと思うのだけどね。

景気回復に関し、成長率の明記は要らないと言うが、それならば、何を基準として景気回復とするのか?それだけは明記すべきでしょ!そう言うことも無ければ、あげようとさえ思えば、いろんな理屈をこねれば、景気回復しているということが出来るのだから、これは完全に増税ありきだよ。

これまでの経験から、消費増税で財政改革が出来ないことはわかっている。さらに、景気回復途中での税率アップが、景気回復そのものに悪影響を及ぼす事は、橋本内閣の強行が教えている。
社会保障との一体改革と言いながら、その社会保障改革はあと回しで、一体何を考えているんだ!と言いたくなるね。

こうなれば、総選挙で両党に鉄槌を下さなければ!と思うが、受け皿となりそうなのがみんなの党と維新の会。
ブームに乗って、人材が足りない中、粗製乱造したらどう言う議員が誕生するのか?と言う事は、杉村太蔵などの小泉チルドレンや、姫井、横峯、そして汚沢ガールズなどの汚沢チルドレンを見ればよくわかる。

どうにも、国民の選択肢が足りない、そう言う気がするのだけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

世界史は面白い
2012年06月12日 09:49
パパさん、おはようございます。
 そりゃ自民党も増税路線にせざるを得ませんよ。
 だって民主党が国家予算を目茶苦茶にしてしまいましたから。
 有りもしない埋蔵金前提で、通常予算の2倍以上の予算を組み(自民党20兆円以下→民主党40兆円以上、ただし麻生政権ではリーマンショックへのテコ入れのため20兆円の臨時追加予算)なのに、景気対策や天災への対策は削る。
 おまけに殆どが臨時予算じゃないのが尚、性質が悪い。
 つまりバラ撒きと解っていても、削れない。
 経済オンチ、外交オンチ、防衛オンチ、政治オンチの詐欺師を選べば当然こうなると言う見本です。
民主党を選んだ有権者の責任ですよ。
2012年06月12日 09:54
世界史は面白いさん、おはようございます。
民主党政権が、全くでたらめな予算を組み続け、この国の財政悪化を加速させたのは間違いありませんが、自民党にも責任あるわけで(笑)

と言っても、本当は麻生内閣が続いていたら、ここまでひどい事にならないで住んだはずなんですが、メディアは検証しませんがね。

この記事へのトラックバック