サッカー、男子も快勝スタート!

大津の1点を守りきり、スペインから大金星=サッカーU-23日本代表

 U-23日本代表は26日、英国のグラスゴーでロンドン五輪1次リーグの第1戦となるU-23スペイン代表戦に臨み、前半34分の大津祐樹のゴールを最後まで守りきり1-0と勝利した。

 試合に先立ってスターティングメンバーが発表され、清武弘嗣、大津祐樹らが名を連ねた。オーバーエイジ(OA)の吉田麻也、徳永悠平もスタメン。宇佐美貴史はベンチからのスタートとなった。

 試合は立ち上がりからスペインがボールを支配する展開が続く。しかし、日本も組織的な守備からのカウンターで相手ゴールに迫る。初戦ということもあり、両チームともに無理をしない戦いぶりを見せるが、日本がセットプレーから均衡を破る。34分、右CKに大津が右足で合わせて先制。思わぬ失点に慌てたスペインはここからミスを連発し、41分には永井謙佑の突破を止めたイニゴ・マルティネスが退場処分を受ける。日本は1点を先制したうえ、数的優位というアドバンテージを得て、試合を折り返した。

 後半に入ると1人多い日本が主導権を握る。1点を追いかけるスペインが人数をかけて攻撃に出ると、それをあざ笑うかのようにカウンターから永井、清武らが決定機を迎える。しかし、フィニッシュの精度を欠き、追加点を奪えない。すると選手交代で息を吹き返したスペインの攻撃を受けてしまう。それでも吉田や徳永を中心とした守備陣が体を張った守りで、得点を許さず。結局、大津の1点を守りきった日本が、優勝候補スペインから大金星を挙げた。

スポーツナビ 2012年7月27日(金)

これは正直、本当に驚いた。
今、世界のサッカー界の頂点に君臨しているスペイン相手に、今のU-23日本代表が勝てるとは思ってなかったしね。
舐めててごめんね!勢いに乗って、突っ走れ!

これを、かつてのマイアミの奇跡になぞらえる向きもあるが、全く違うな。
あの時は、28本のシュートを放つなど圧倒的に攻めまくるブラジルに対し、ひたすら耐え抜き、わずか4本のシュートのうちの一本が決まったと言う、内容では完敗してたもの。
まさしく、川口能活の神掛かったセーブに助けられたものだし。

それに対し、今回は、スペイン以上のシュートを放ち、相手が一人少なくなったとは言え、スペイン相手に互角の戦いをしたうえでの勝利なんだから、胸を張って受け入れればよい。

しかも、同組のホンジュラスとモロッコが引き分けスタートと言うことで、決勝トーナメントが見えてきた、と言う感じだからね。次は、モロッコ。ここを撃破し、久々の決勝トーナメントに行って欲しいものだ。
トーナメントになれば、何が起きるかわからないし、メダルの可能性も出てくるのだしね。

スペイン、初戦に弱いというのがこの所、ワールドカップでもユーロでも負けてたんじゃないのかな?
強豪国と言うのは、予選ではなく、決勝に体調面をあわせて調整するから、初戦で当たったのはラッキーだったかもしれないな。
残る2試合は、きっちり仕上げて、叩きのめしてくれるだろうから、日本はとにかく負けない事を考えて戦えば、何とかなりそうだしね。


これで、男女とも初戦、白星スタート。オールジャパン云々などどうでも良いが、同国のチームが負けてスタートするよりは、他競技の選手にしても勇気付けられるだろうからね。良いんじゃないの?

いよいよ、開会式が近づき、本番開始が目前。
オリンピック、楽しみだよ~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

(=^・・^=)
2012年07月27日 06:47
”グラスゴーの奇跡”と叫んでましたね~
まあ、いいんじゃあないですか?
我々もまさか!?でしたからね。
選手の1人も奇跡じゃあない!努力の積み重ねの結果だとツイッターで言ってましたけどね。
これで寝不足な人間が増えそうでありますな~

しかしいまごろイギリスのブックメーカーは大騒ぎでしょうな(笑)
2012年07月27日 09:02
(=^・・^=)さん、おはようございます。
今回は「奇跡」じゃないと思います。マイアミはまさしく「奇跡」でしたが。

次ぎ勝ったら、本当にブックメーカーの倍率が(笑)

この記事へのトラックバック