朝日、完敗

<橋下市長>週刊朝日「不適切な記述」と謝罪 取材拒否問題

 橋下徹大阪市長が、自らの出自に関する週刊朝日の記事を巡って朝日新聞の取材を拒否している問題で、週刊朝日は18日、「不適切な記述があった」などと謝罪するコメントを出した。次号でおわびを掲載し、連載を続けるかどうかも協議するという。

 記事は、週刊朝日(10月26日号)が連載を始めた「ハシシタ 奴の本性」。ノンフィクション作家の佐野眞一氏らが執筆し、橋下氏の実父の縁戚者へのインタビューなどを掲載。「橋下氏の血脈」をたどり、「本性をあぶり出す」としている。

 週刊朝日の河畠大四編集長は「同和地区を特定するような表現など不適切な記述が複数ありました。橋下市長をはじめ多くのみなさまに不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします。差別を是認したり、助長したりする意図は毛頭ありませんが、不適切な記述をしたことについて深刻に受け止めています」とコメントした。

 これに先立ち、橋下氏は18日の記者会見で、「(記事は)血脈主義や民族浄化主義につながる危険な思想」と指摘し、朝日新聞の見解を求めた。同紙記者は「週刊朝日とは編集権が別」として見解を示さず、橋下氏は取材拒否の継続を決めた。

 橋下氏は、記事が実父の出身地を巡る記述で橋下氏の人格否定につなげていると指摘。「差別を助長し、社会的に許されない」と批判した。また、朝日新聞が同誌を発行する「朝日新聞出版」に出資していることを問題視し、「血脈主義を認める団体」と批判。記者団からは週刊誌とは編集権が異なるとの指摘が相次いだが、橋下氏は「親会社なら子会社の方針を決められる」と受け入れず、記事に賛同しないなら出資をやめるよう要求した。朝日放送については、「週刊朝日と同一視できない」として取材拒否を撤回した。

毎日新聞 2012年10月18日(木)

なんと言うかね、朝日はおかしい。
一応、朝日新聞と週刊朝日の編集件は別だとは言え、完全子会社であり、朝日新聞の意向と異なる記事は連載できないと言うより、同じもの。

大体ねえ、「ハシシタ 奴の本性」と言うタイトルだけ見ても、品性の欠片も感じられないだけじゃなく、明らかに意図的に血脈を辿る事で、橋下市長を貶めようと言うどうしようもないくらい、下品な記事だということが見て取れる。

こう言うタイトルの連載を始めることを認めた段階で、週刊朝日はアウト。
それを止めようともしなかったことで、朝日新聞も同罪。

週刊誌と言うのは、時に大スクープを出すが、それ以上にとにかく売れればよい、騒ぎになればよい、としか思えない飛ばし記事を出す事があるだけに、その記事を安易に信用してはいけないのだよ。

ポストが書いた安倍氏の暴力団との交際を匂わせる記事も、針小棒大に事を荒げようとする意図が透けて見える。
これから選挙まで、どんどん出てくるこの手の記事を、取捨選択し、正しい目で見ること、それが大事だよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

スクネ
2012年10月19日 12:31
 パパさん、こんにちは。
これは最初から週刊朝日がダメですね。
多分、橋下叩きをしたいだけだったのでしょうけど、門地や血脈を理由に人格否定をするとなれば、もはや差別ですね。

週刊朝日は、謝罪をしていますが、勝ち目がないから謝罪しているわけで、反省しているから謝罪しているわけではないでしょうね。
2012年10月19日 12:36
スクネさん、こんにちは。
これは明らかに差別感をもって書いてますからねえ。これを許した段階で、週刊朝日、廃刊相当でしょう。

あまりに愚かで、確実に負けるんで謝罪せざるを得なかった。本当はもっとやりたかったんでしょうから、涙の撤退です。
ひょっとこハム太郎
2012年10月20日 13:12
これ、テレビでも誰かが言ってましたが「もし、橋下さんが言及しなかったら、今頃どうなってたのだろう?」。
 つまり「言われなければ止めない、この出版社の校正って何?」
 しかも、朝日新聞100パー子会社。
 恐ろしい朝ぴ~。
2012年10月22日 06:08
これは確信的犯行ですから、橋下市長が強い態度で出た事に驚いていると言う感じであって、反省などしてませんよ。

朝日系列らしい話です。

この記事へのトラックバック