クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS いつも思うけどね

<<   作成日時 : 2012/11/28 06:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

海外心臓移植の募金呼び掛け=1歳7カ月女児の両親―福島

 重い拡張型心筋症を患う福島県平田村の吉田葵彩ちゃん(1歳7カ月)の両親が27日、福島県庁で記者会見し、米コロンビア大病院で心臓移植を受けるために1億6500万円が必要として、募金を呼び掛けた。来年1月には渡米を実現したいとしている。

 同席した担当医によると、葵彩ちゃんは1歳を前に拡張型心筋症と診断され、今年4月に東大付属病院へ転院。8月には同病院で国内初となる小児用補助人工心臓の取り付け手術を受けた。症状は改善したものの、補助人工心臓は心臓移植までのつなぎで、長期間の使用を想定していない。

 欧米では補助人工心臓取り付けから移植手術まで平均約76日で、早期の移植手術が不可欠とされる。

 国内では2010年の改正臓器移植法全面施行後、6歳未満の小児からの臓器提供はまだ1例しかないという。葵彩ちゃんの父昌博さん(40)は「国内で(移植を)待っている余裕はなく、海外渡航を決意した」と語った。

 連絡先は「よしだあおいちゃんを救う会」事務局。電話は0247(57)5562。

時事通信 2012年11月27日(火)

いつも思うんだけど、日本国内で移植できない以上、海外に行くのは仕方ない。そうなれば、大金が掛かる。とても、普通の家庭ではまかなえないから、こう言う形で募金と言うのも仕方ない。

が、その募金がどう言う形で使われ、いくらあまったのか?足りなかったのか?と言う事が不明だったりして、後に批判されたりするでしょ?

だからね、どこか、こう言う海外での移植とか、国内でも子供の命を救うための高額医療を受けるための募金を、一手に引き受け、必要な分を支出する組織を作って、きちんと収支報告をするようにすれば良いんじゃないのか?

個々の募金では、あまったり足りなかったり、色々だろうし、その労力も半端じゃないだろう。日常的にそう言うことをやって、統一組織で管理・運用する。それのほうが良いと思うんだけどねえ?

違うかなあ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
中間搾取が起こる可能性が高いからでは・・・
直接なら、出してもいいかと思うんだろうな。
団体というのは、どうも胡散臭いからね。
(=^・・^=)
2012/11/28 07:13
中韓搾取、ではなく中間搾取ありそうですね、そう言えば。

一番良い方法、なんでしょうね?
クルトンパパ
2012/11/28 08:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつも思うけどね クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる