宮内庁と言う伏魔殿

宮内庁長官の苦渋発言、菅長官「両陛下の思い推測に違和感」

 菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、2020年夏季五輪の開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会への高円宮妃久子さまのご出席を宮内庁の風岡典之長官が「天皇、皇后両陛下もご案じになっているのではないか」と述べたことについて、「両陛下の思いを推測して言及したことについては非常に違和感を覚える」と述べた。

 菅氏は「皇室の政治利用、官邸からの圧力であるという批判は当たらない」との認識も示した。

産経新聞 2013年9月3日(火)

 オリンピックの東京招致に関し、皇室が関わる事が政治利用になるなどと言うのは、とんでもない話だと思う。以前と違い、東京招致に関し、国民の7割強が賛成している中、これは国民統合の象徴である皇室が関わったとして、政治的に何らかの利用となる問題ではないと思う。

 それよりも、とにかく皇室、王室に対する畏敬の念が高いと言う、IOCにおいて、積極的にすでに現地に入りロビー活動を続けていると言うスペイン王室を考えれば、高円宮妃だけで大丈夫か?と言うことすらオリンピック大好きおぢさんは心配するのだよ。 本当ならば、皇太子殿下か秋篠宮殿下にお出ましいただきたいくらいだ。

 それよりもだ、菅官房長官が言うように宮内庁長官ごときが、両陛下の御心情を勝手に推測し、いかにもそれが両陛下、および皇室の総意であるかのごとく発言するなど不敬以外の何物でもない。

 なんと言うか、皇室を人質として威張り腐っている、なんだかそう言う雰囲気があるのが腹だたしいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック