マッチ、9万5千号!

     ソフトB松田刻んだ!9万5千号

 「ロッテ0-2ソフトバンク」(13日、QVC)

 二回1死一塁でソフトバンク・松田が放った11号先制2ランが、プロ野球通算9万5000号となった。松田は「プロ野球の長い歴史の中で、多くの先輩が積み上げた数字。区切りの本塁打を打てて非常にうれしく思う」と声を弾ませた。2試合連続本塁打となり、過去最多の25本を大きく上回る量産態勢だ。

デイリースポーツ 2014年5月14日(水)

 マッチ、ペーニャなどを引き離し、ダントツの9万5千号だぜぃ!

 なんか、やっぱり今年のマッチは何か持っているのかもしれない。記事にあるように、圧倒的な量産体制。ペーニャなどが撃ちまくっているんで、それほど目立たないが、この時期すでに10号。チャンスに撃つし、今年の松田は一味違う。

 なんとかこのまま、シーズンを通じ活躍し、シーズンMVPを獲っちゃえ!ってね。

 ホークス、エースの攝津が現在離脱中。だが、先発枠を狙う投手はいくらでもいるからね。攝津が復帰して席が空いているか?と真剣にあせるくらい、各投手ががんがん行って欲しいものだぜぃ。

 どうか、このままホークス突っ走って、球宴前にも優勝決めちまえ!ってね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック