ブラジル対チリ、オランダ対メキシコ

ブラジル、ネイマール2発などで首位突破! 決勝T1回戦でチリと激突/W杯

 2014年W杯は現地時間23日にグループA最終節の2試合が行なわれ、開催国ブラジルとカメルーンによる一戦はブラジルが4対1で快勝し、グループリーグ首位通過を決めた。

 引き分け以上で自力でのグループリーグ突破を決められるブラジルは、最終戦を前にグループリーグ敗退が決まったカメルーンと対戦。序盤からペースを握ったブラジルは、17分にショートカウンターからクロスをネイマールが流し込み、先制に成功するが、26分にはマティプに決められ、1対1の同点に追い付かれる。

 それでも、ブラジルは35分、ネイマールがゴール前やや左からカットインして右足を振り抜き勝ち越しゴール。ネイマールは開幕戦に続く1試合2得点で今大会通算4ゴールとし、得点ランクトップに立った。ブラジルはその後、後半立ち上がりの49分にもフレッジのゴールでリードを広げると、84分にもフェルナンジーニョが決めて4点目を奪い、快勝で首位突破を決めた。

 この結果、ブラジルは勝ち点を7とし、首位でのグループリーグ突破が確定。決勝トーナメント1回戦では、グループBを2位で通過したチリとの南米勢対決に臨むこととなった。

ISM 2014年6月24日(火)

 オランダ、チリの戦いは見てないのだよ。どっちか捨てないと、仕事にならん。と言うことで、5時からの試合は見た。どちらかと言えば、メキシコ対クロアチアが良い試合をしてたんで、そっちを中心に見たもので、ネイマールの2点、見事に見逃した。が、ブラジル、強かったね。メキシコに完封されたのが嘘のように、得点を重ね、堂々の1位通過。メキシコ対クロアチアは、前半は行き詰る良い試合だったが、メキシコの先制後は、どんどんメキシコペース。2点目が入ってからはクロアチアが切れちゃったな。

 オランダはチリ相手に2点取っての快勝。ロッベン、もうあれは誰もとめられんね。フリーに持たせたらだめだな。スペインはオーストラリア相手にやっと本領発揮。が、もう遅い。

 それよりも今田アジア代表に勝ち星なし!と言うのはまずいね。枠を減らせ、と言う声が出るよ。実際には、大会スポンサーとか放映権料の関係で、なかなかアジアを減らせないのだが、このまま、どこも勝てなかった、では本当にまずいぞ。

 明日、コロンビアに日本が勝って、なんとかかっこつけたいものだよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック