優勝はアルゼンチン!

  ブラジルW杯ベスト4決定…準決勝は南米対ヨーロッパの2試合に


ブラジルW杯ベスト4決定…準決勝は南米対ヨーロッパの2試合に

ブラジルW杯も、いよいよ4強が出揃う

 ブラジル・ワールドカップの準々決勝2試合が5日に行われ、準決勝に進出した4チームが出揃った。

 5日の試合ではアルゼンチンがベルギーに1-0で勝利し、6大会ぶりのベスト4進出。また、オランダがコスタリカと一戦をPK戦の末に制し、2大会連続の準決勝進出を決めた。

 これにより、準決勝では8日にブラジルとドイツ、9日にオランダとアルゼンチンが激突。2試合とも南米対ヨーロッパの構図となった。

 なお、3位決定戦は12日、決勝は13日に行われる。

SOCCER KING 2014年7月6日(日)

 なおこれは、イタリア大会から24年間、ずっと言っているんであんまり当てにはならない。が、本当に久しぶりに優勝が見えてきたね。ベスト8の壁を破ったのが、準優勝に終わったイタリア大会以来だからね。

 ディ・マリオが準決勝以後やばい、と言う話もあるが、メッシがとにかく今大会は良い。守備を放棄して体力温存しているから、準決勝、決勝も行くだろうし、やっとイグアインがスーパーゴールで得点したからね、アルゼンチンは乗ってくるよ。

 アルゼンチンの相手のオランダ、ロッベンは体力に限界は無いのか?と言う感じだが、コスタリカとのPKまで戦った疲労が残っているだろう。確かにあの試合、まさかのPK戦に備えてのシレッセンからクルルへのGKの交代。あれは上手く言ったから良かったが、負けてたらファン・ハール、物凄い批判の嵐だっただろうなあ。それに応えたクルルも凄かったけどね。

 ブラジルはやっぱりネイマールがいないし、チアゴ・シウバも累積停止で出られないのは大きい。圧倒的な重圧の中で戦うのは厳しいからね。ドイツはとにかくびっくりするほどきつい戦いの連続だが、それを乗り切ってきた力は侮れない。

 GKのノイアーが凄いなあ。あの飛び出し、一つ間違えば命取りなんだが、ちゃんと見極め自信を持ってやってるのがね。彼がいるとドイツのフィールドプレーヤーは11人。最後の最後に凄い砦があるから強い。

 決勝はドイツ対アルゼンチン。で、決定的仕事をメッシがして、28年ぶりの優勝だ!

 と言いながら、決勝がブラジル対オランダになってもまったく不思議じゃないし、凄い試合になるのは間違い無い。今年の大会は本当に面白い。

 ワールドカップも残り4試合。終わってしまうのが寂しいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック