次は日本一!ホークス、CS制覇

ソフトB 3年ぶり日本S進出!25日から甲子園で阪神と激突


 ◇パ・リーグCSファイナルS第6戦  ソフトバンク4―1日本ハム(2014年10月20日 ヤフオクD)

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第6戦は20日、ヤフオクドームで行われ、リーグ優勝のソフトバンクがレギュラーシーズン3位から勝ち上がった日本ハムを4―1で下し、アドバンテージを含め4勝3敗として3年ぶり15回目の日本シリーズ出場を決めた。

 ソフトバンク・大隣、日本ハム・上沢の両先発の投げ合いで3回までは0―0。ソフトバンクは4回、先頭の明石が左翼線二塁打で出塁すると、続く内川の右前適時打で1点を先制。さらに2死一、三塁から吉村の右前適時打で1点を加えた。

 ソフトバンクは5回にも細川の左越えソロで1点を追加。8回には1死三塁から李大浩の右翼線二塁打で貴重な追加点を奪った。

 中4日で先発した大隣は7回99球を投げ、6安打無失点6奪三振と好投。2回以外は走者を背負う投球が続いたが、粘りのピッチングでハム打線を封じた。8回を五十嵐、9回はサファテとつないで逃げ切った。

 日本ハムは9回に1点を入れたが、4回1死一、二塁、6回無死二塁とチャンスはつくるものの、あと1本が出ず敗れた。

 ソフトバンクは25日に甲子園球場で開幕する日本シリーズでセ・リーグ2位からCSを勝ち上がった阪神と対戦する。

スポニチアネックス 2014年10月20日(月)

 福岡ソフトバンクホークス、クライマックスシリーズ制覇おめでとう!

 なんだか今年のホークスは、ギリギリまで優勝しないとでもみんなで決めているのか?と聞きたくなる感じだなあ。おとといは完全に優勝を決めたとおもったら、中田の後を受けたリリーフ陣が総崩れ。びっくりだよ。

 今年のホークスは、先発陣がいまいちだったのを、森、五十嵐、サファテらの旧エンジンが支えてきたのだから、あの失敗を厳しく指弾できないが、あそこを踏ん張っていれば一日早く優勝できたのにね。

 と言うより、第2戦、今宮がエラーしなかったら3連勝で決めてたかもしれないのだし、これは来シーズン、ムネリンがメジャーから帰ってくると言う話もあるし、ホークスは取りに行くしかないようなね。

 とは言え、トナリンが良く投げた事でなんとか優勝できたなあ。MVPは決勝点をたたき出し続けた吉村になったが大隣もそれに負けないと言うか、それ以上の活躍。日本シリーズでも頑張っていただかないと。

 心配なのはエース攝津の不調 だよね。やっぱり、シリーズでは攝津が活躍できないと厳しい。

 攝津、大隣、中田、スタンリッジで行くだろうが、やっぱり攝津がね、初戦かヤフオクドーム初戦で勝って、勢いに乗ると言うこと、大事でしょ。なんとかシリーズまでには調子を戻して欲しい所だよ。

 決戦の相手はまさかのタイガース。ジャイアンツが来ると思っていたのに、なんとジャイアンツを4タテ。これはまったく侮れんな。

 勢いに乗ってるタイガースとその本拠地甲子園でスタートと言うのは、ホークスにとっては厳しいだろうが、それでも甲子園で連勝して、一気にヤフオクドームで秋山監督の歓喜の胴上げをやるしかない!

 行け!勝て!日本一だ!福岡ソフトバンクホークス!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック