なでしこ、決勝進出!

  <サッカー女子W杯>なでしこ2大会連続の決勝進出

 サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で日本(なでしこジャパン、国際サッカー連盟=FIFA=ランキング4位)は1日午後5時(日本時間2日午前8時)から準決勝でイングランド(同6位)と対戦し、後半終了間際にイングランドのオウンゴールで2-1で勝利し、2大会連続の決勝進出を決めた。

 決勝は5日午後4時(同6日午前8時)からで、前回大会と同じ米国(FIFAランキング2位)と顔を合わせることになる。

 日本は後半アディショナルタイムに、川澄が右サイドから入れたクロスをイングランドがオウンゴール。劇的な勝ち越し点をあげ、そのまま逃げ切った。

 試合は前半序盤にイングランドが持ち味のフィジカルの強さと高さを武器に優勢に試合を進めたが、中盤からは日本もパスワークを発揮し、互いにPKを決めて1-1で終えた。後半はイングランドの猛攻に日本は防戦一方となったが、固い守りでなんとかしのいだ。

 先発は決勝トーナメント1回戦のオランダ戦、準々決勝のオーストラリア戦に続き、3戦連続で同じメンバーとなった。後半25分には岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)が大野に代わって出場した。

 イングランドは4日午後2時(5日午前5時)のドイツ(同1位)との3位決定戦に回ることになった。

毎日新聞 2015年7月2日(木)

 なでしこジャパン!堂々の2大会連続決勝進出決定!後一つで大会連覇だ

 凄いねえ、なでしこ。結局、急ぎの仕事は8時前に片付けて、最初から最後まで見てしまった。

 イングランドペースで試合は進んで、前半は日・英双方がPKで得点。
 が、大儀見がファールを取られたあそこは、大儀見、触ってないぞ。シミュレーションだぞ!

 後半になってもイングランドペース。それを一変させたのは岩淵。
 あれは凄いな。あのドリブルは見てて楽しい。さすが「マナドーナ」

 正直、延長を覚悟しましたよ、あたしゃ。
 おそらく監督も延長だと思ったんだろうね。交代枠を2枚残してたのは。
 
 すでに使い切っているイングランドは選手交代ができないから、疲労が積み重なる延長に、フレッシュな選手を投入すれば、かなり有利になるからな。

 と思ったらAT、残り1分くらいで川澄から大儀見へ、本当に素晴らしいラストパス。大儀見が決めるぞ!と思ったらまさかのオウンゴールで決着だったな。

 あのイングランドの選手、泣き崩れていたが、あれは誰も責められない。もし、あそこで触れなかったら、大儀見が決めていただろう。触ってオウンゴールも後悔しただろうが、それを恐れ触らないと言う決断などしたらその後悔の方が大きいだろうしね。

 さ、これであとは前回ドイツ大会、ロンドンオリンピックに続き、アメリカとの決勝戦と言う事になった。

 試合間隔が日本の方が1日短かいのが不利だが、それでも最後だからそんなことは言っていられない。
 前回大会延長後半、はまさしく奇跡の澤のゴールで追いついて、PK戦での勝利。
 ロンドンは2-1でアメリカが勝利。1勝1敗。

 今大会こそ決着戦。

 豪州戦と同じメンバーで準決勝、臨んだから、おそらく決勝も同じか?
 もしくは、最初から大野じゃなく岩淵を使うか?だが、多分、岩淵はスーパーサブとして、リードを許した場面とか、後半、両チームの足が止まりだしてから使うかな。

 澤とワンバック、この二人がピッチに立つか?も個人的には興味があるんだよね。
 おそらく間違いなく、今大会が最後になるだろう二人のベテラン。日米両国を支えてきたこの二人が、後半、どこかのタイミングでピッチで向き合って欲しいなってね。

 とにもかくにも泣いても笑ってもあと一試合。

 走れ!撃て!守れ!なでしこ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック