いやいやだめでしょ鄭夢準立候補

 FIFA元副会長の鄭夢準氏 次期会長選に出馬へ

【ソウル聯合ニュース】国際サッカー連盟(FIFA)の元副会長で名誉副会長を務める鄭夢準(チョン・モンジュン)氏(63)が21日、FIFAの次期会長選挙に出馬する意向を示した。

 鄭氏は同日、聯合ニュースの取材に「出馬を考えている」としながら、「FIFAに新たな時代を開きたい」と話した。

 同氏はFIFAが打ち出した改革案には矛盾があると批判。FIFA会長を欧州から選出するという考えがあるためにFIFAが腐敗したと強調した。

 FIFAは20日にスイス・チューリヒで開いた臨時理事会で、辞意を表明したブラッター会長の後任を選ぶ臨時総会を来年2月26日に実施することを決めた。

聯合ニュース 2015年7月21日(火)

 別に良いのだよ、誰がFIFAの会長になっても。
 将軍プラティにとか、白いペレ事神様ジーコの名前が挙がっているが、とにかく、まともにサッカー・フットボールの事を考え、より良い組織、より良いサッカー界を作ってくれるのならば。

 だが鄭夢準はだめだ!サッカー界が汚濁にまみれる。

 金持ちだから彼自身が、賄賂を要求はしないかもしれないが、金をばら撒き、日本単独開催から日韓共催に持って行った過去がある男に、金にまみれた今のFIFA浄化などできるはずが無い。

 と言うより、そう言う思想が無いだろうが。

 彼は招致のために金をばら撒き、その後、大会で韓国が勝ち進むためにまた、多額の金をばら撒いた疑いがある。だからこそ、3位決定戦後、ヒディング監督より先に、彼が胴上げされたのだろう。

 とにかく、金にまみれた体質が批判され、それを改善する新たな会長が求められている中で、金まみれの体質が染みこんだ男が会長になるなど、絶対に許されるはずが無い。

 おそらくこれから、自分が当選するために、金をばら撒き、いつかそれを誰かに暴露され、結果として当選できなくなり、その全ての責任は日本サッカー協会にある、と言いかねないね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

世界史は面白い
2015年07月22日 13:17
人種差別と言われようと、韓国系をFIFAの会長にするなどサッカーというスポーツ自体に対して幻滅させる行為に他ならない
 第三者としての公平な審判が世界で一番できない民族に会長をさせても、サッカーという名前の別の協議(スポーツではない)になるだけ
 国連事務総長と同じで実際に払っていない負担金を名目に審判を韓国人ばっかりにするんじゃないか
2015年07月22日 15:22
韓国に対しては、特にヨーロッパはアレルギーがありますから大丈夫かとも思いますが、とにかく金をばら撒いて、名誉を獲得しようとするのは間違いない。

とにかく国際機関のトップに韓国人がなるのが大好きですからね。国連事務総長を世界大統領と呼ぶお国です。心配してます。

この記事へのトラックバック