松坂は見ないまま終わる

【ソフトB】松坂、右肩手術!ブルペン投球再開メド立たず決断

 ソフトバンクの松坂大輔投手(34)が早ければ18日にも右肩の手術を受けることが17日、分かった。今季は序盤から右肩の痛みと不調を訴えて、リハビリを行っていたが、一進一退の状態が続き、ブルペン投球再開のメドも立たない状況だ。すでに今季中の復帰は厳しくなっており、来季に向けて完全復活を遂げるため、右肩にメスを入れることを決めた。

 松坂が、復活のために大きな決断を下した。春先から右肩の不調を訴え、これまで懸命に治療、リハビリを続けてきたが、状態が上向かず、近日中に手術に踏み切る。関係者によると、早ければきょう18日にも関東地方の病院で手術を受けるという。

 米大リーグ・メッツから今季、3年総額12億円で加入。DeNAとの争奪戦の末、9年ぶりの日本球界復帰にファンは沸いた。宮崎キャンプを経て、3月4日の阪神戦(甲子園)で実戦初登板。だが、同18日にインフルエンザに感染していたことが発覚。体調不良による戦線離脱は右肩にも影響を及ぼし、練習再開後の4月2日には右肩筋疲労で無期限ノースロー調整が決まった。

 5月20日のウエスタン・リーグのオリックス戦(高知)で実戦復帰したが、中3日で登板予定だった24日の同広島戦(大分)を、右肩の違和感のため登板直前に回避していた。

 それからは、リハビリ組で回復を待つ苦闘の日々。キャッチボールは行っていたが、状態は上がらず、ブルペンでの投球再開のメドすら立たなかった。この間、評判を聞きつけては福岡を離れ、都内を始め全国の病院や治療院に赴き、必死に快方への道を探ってきた。

 今季中の復帰は絶望となるが、このタイミングで手術に踏み切れば、来季の開幕までに復帰できる可能性はある。右肩関節唇の修復手術などを行うとみられ、一般的には全治6か月程度といわれている。手術後は、家族の住む米国でリハビリを行う方針だ。

 Rソックス時代の2011年6月に右肘靱帯(じんたい)修復手術を受け、12年6月にはレ軍で復帰を果たしている。昨年12月の入団会見で「期待されていることは感じますし、それに応えないといけない」と話していた松坂。今回の肩の手術も克服して、完全復活を目指す。

スポーツ報知 2015年8月18日(火)

 全盛期は無理としても、ある程度のピッチングを見せてくれると思ってたが、とうとう、1度も1軍のマウンドに立つ事無く、肩の手術。

 そうして、来年も同じように投げる事無く、そっと消えて行くのだろうなあ。

 せめて、桑田のような感じでも良いから、なんとか復帰して、マウンドに立ってくれなければ、12億円が台無し。実際のところ、どうなんだろうねえ?これで復活できれば、別に良いのだよ。

 今期は少々の事では、松坂の出番はないし。ホークス絶好調だから。

 松坂が投げる姿を見てみたい、と言うのはあるのだが、果たしてかつてのような球を投げる事ができなくなって、それでも松坂は凄いのか?だな。

 実はそんなことより、大隣が手術。今期はもう無理。

 今期は絶好調だからどうしてもトナリンがいなければ!と言う状況じゃないから、より良い形のために、今年を諦めても来季に向けての手術だろう。

 なんとか完治して、来季は開幕からがんがん投げて欲しい物。もしそこに、松坂もいたら面白いけどさ。

 さて、松坂君、復活できるか?な。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック