「チャレンジ制度」導入を

セ・リーグ、「誤審」認め異例の謝罪 甲子園での本塁打めぐり

 プロ野球セ・リーグは14日、12日に甲子園球場で行われた阪神-広島20回戦で三塁打と判定された飛球が本塁打だったと誤審を認め、謝罪した。判定に対する謝罪は極めて異例。ただし、試合は成立しており記録の訂正は行わない。

 同試合では十二回表の広島の攻撃で、1死から田中が放った中越えの飛球がグラウンド内に跳ね返り、審判団はインプレーと判断。その後のビデオ判定でも、覆ることはなく三塁打とされた。試合後、広島側が「フェンス内のワイヤに当たって戻ったもので、本塁打ではないか」と主張していた。

 セの杵渕統括はこの日、広島側からの(1)審判団は球場の構造を知っていたのか(2)ビデオ判定でもフェンスを越えていないように見えたのか-とする質問に回答。(1)の構造を認識しており、(2)については「ネットに当たったものと思い込み、まさかフェンス内のワイヤに当たることはないと判断した」と説明した。

 改めて検証した結果、ビデオでも球がフェンスを越えていたことを確認。「今後は先入観なしに検証するよう徹底をはかりたい」とした。

 また日本野球機構の井原事務局長も「再発防止策を鋭意進める。球団、ファンに迷惑をおかけしたことおわび申し上げる」と話した。

産経新聞 2015年9月14日(月)

 これは産経新聞の写真が完全に真実を物語っている。ボールにフェンスの網目がかかっていると言う事は、ボールがフェンスの向こうに入っていると言うことだし、ネット上で見たビデオでも、完全にフェンスを越えてから、何かの力で(笑)フィールドに跳ね返っている事がわかるのだから、誤審を認めるのは当然だろう。

 本来ならば、あの試合はカープの勝利とすべきなんだろうが、一旦、試合が成立した以上、仕方無いのだろうが、もし、この奪われた1勝で優勝を逃したり、あるいはCS進出を逃したら問題になるのは避けられないだろう。

 ビデオで確認しながら、ホームランだと思わなかったのは、まさかワイヤと言うか小さな「ねずみ返し」に当たって跳ね返ってくるなどと言うことがあるはずが無い、と言う思い込みが原因なのだろうが、これではビデオ判定に対する信頼感を失ないかねないと言うことをNPBも審判団も本気で反省すべきだろう。

 やはりテニスやバレーにあり、またアメリカの4大スポーツ全てで導入されている「チャレンジ制度」をらいシーズンから導入すべきだろうな。ビデオ機器などの設置が、プロ野球実施球場全てに必要となるなど、まだ問題はあるが、それでもこう言うことはやるしかないのだよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック