ポルトガルが優勝!

 サッカー=ポルトガルがユーロ初優勝、エデルが決勝点

 [パリ 10日 ロイター] - サッカーの欧州選手権(ユーロ2016)は10日、決勝を行い、ポルトガルが延長の末、開催国フランスを1─0で下し、同大会初優勝を果たした。
 
 ポルトガルはクリスティアノ・ロナルドが前半にひざのけがで交代。しかし途中出場のエデルがスコアレスで迎えた延長後半4分、25メートルのシュートを決めた。

 エデルは「チーム一丸となって全力で戦った。選手とスタッフ、全員でタイトルを勝ち取った」と喜んだ。

 フランスは試合内容で圧倒し、複数の得点チャンスを作ったものの、同大会3回目の優勝はならなかった。

ロイター 2016年7月11日(月)

 いやあ、凄い試合だったなあ。フランスが圧倒しながらも、なかなか得点できない。
 一方でポルトガルは前半24分でクリスティアーノ・ロナウドを失ったが、逆にそれがチームを結束させた感じだったような。

 90分では決着せず。これはPK戦かも、と思い始めた時に見事に決まったゴール。あれは凄いゴールだったよね。その後は、フランスが前掛り。ポルトガルはカウンターを決めるが、両チーム得点を奪えないまま試合終了。

 ロナウドが延長後半、テクニカルエリアにかなりいたようだが、いても立ってもいられない気持ちはわかるから、審判団も注意は与えたようだが、最後の方は何にも言わなかったようだねえ。痛い痛しい姿で鼓舞するのがなかなか良かったねえ。

 フランス、地元開催は無類の強さを見せるのだが、決勝は試合を支配しながらゴールがとうとう遠いまま。フランス優勝と読んでたが残念だったな。次のフランス大会は相当先だろうし(しょう)

 ロナウド、次の大会は代表引退しているような気がしたりするから、クラブでは栄冠をつかんだ事があっても、代表では無冠だったから感無量だろうね。

 おめでとう!ポルトガル代表!

 大会を通じ感じたのは、アジアとヨーロッパの差。そのアジアで圧勝できない限り、日本代表がワールドカップなどで上位に行く事は出来ないよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック