決勝はフランス対ポルトガル(それにしてもテレ朝には)

   サッカー、仏が独を破って決勝へ

 【マルセイユ(フランス)共同】サッカーの欧州選手権第22日は7日、フランスのマルセイユで準決勝の1試合が行われ、開催国のフランスがグリーズマンの2ゴールでドイツを2―0で破り、優勝した2000年大会以来、3度目の決勝進出を果たした。

 10日(日本時間11日)の決勝でドイツ、スペインに並んで最多となる3度目の優勝を目指してポルトガルと対戦する。

 グリーズマンは前半終了間際にPKを決めて先制。後半にも左足で加点した。14年ワールドカップ(W杯)王者のドイツはボールを保持して攻め立てたが、ゴールが遠かった。

共同通信 2016年7月8日(金)

 うふふふふ。自慢だが、フランスが行くぞって書いてたでしょ?以前に。

 間違いなく実力的にはドイツが上だと思うのだが、1998ワールドカップや1984のEUROを見てわかるように、自国開催の時のフランスは強いのだよ。

 まあ、正直、これと言う確信があった訳じゃないが、フランスが行くってね。

 これで決勝はポルトガルとの決戦。ポルトガルも準決勝で、初出場ながら波に乗って勝ち上がってきたウェールズに、今大会初めて延長なしで勝つなど、勢いがある。何より、そろそろクリスティアーノ・ロナウドに栄冠を与えてあげたい気がする。

 だが、グリーズマンが将軍プラティの記録に並び、まさしく絶好調。それにくわえ、GKロリスが当たっているし、これはフランス優位のような。11日の月曜早朝。ゆっくり見られんなあ。日曜ならば大丈夫なんだがねえ。

 それにしてもテレ朝にはびっくりだよ。前半をWOWOWで見て、それから出社。当然、地上波で唯一放送するテレ朝が放送していると思ったら、なんと全米女子オープンの初日。これが決勝トーナメントに入った、と言う事とか、男子のメジャーだと言うのならまだしも、女子のメジャーの初日。それがEUROの準決勝より放送する価値があると言う判断なのか?その程度の認識の局が、こう言う重大な大会の放映権に手を出すんじゃ無い!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック