また「新提案」かよ!<普天間移設問題>

<普天間移設>「8月末結論」見送る 工法など複数案提示へ

 政府は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる代替施設の位置や工法について、日米共同声明に明記した期限の8月末時点では専門家による見解にとどめ、政府方針とはしない方向で調整に入った。政府高官は14日夜、「実務者協議とその後の外務・防衛担当閣僚の協議は別次元の話だ」と述べた。複数案提示などによる事実上の先送りで沖縄県側の反応を探り、理解を得たい考え。日米両政府は参院選で中断していた外務・防衛両省の課長級による実務者協議を15日に米国で再開する。

 自民党政権下での日米合意は辺野古沿岸部を埋め立て、2本の滑走路をV字形に配置するとしていた。鳩山前政権ではこの案を微修正し、海底のヘドロを再利用する環境配慮型の埋め立てにする案が有力視されていた。これに加え、防衛省内では滑走路を1本にし、より沖合に移動する案が検討されている。

 両政府は、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を9月以降に開き、移設計画を決定する予定。日米共同声明では「代替施設の位置や工法に関する検討作業を8月末までに完了させる」と明記していた。しかし、参院選大敗の影響もあり、外務省内でも「8月末は専門家の見解をまとめるだけ」(幹部)との見方が大勢だ。

毎日新聞

なんなんだろうね?これは。
どうやら政府は、日米共同声明に明記した期限の8月末時点では専門家による見解にとどめ、政府方針とはしないと言う事にして、アメリカ側に対し、自民党が日米で合意に達していた辺野古沖V字滑走路の現行案と、沖合いに移し1本の滑走路でと言う、鳩山内閣が提案していた新案に加え、現行案の場所か、新案よりさらに沖合いに、1本の滑走路を作ると言う、さらに新しい提案を出す事にしたようだ。

が、鳩山内閣案より沖合いに持っていくと、新たに環境アセスメントをやり直さなければならなくなるし、現行案の場所の場合、滑走路が1本になれば、集落の上を通過する事になると言う事で、V字滑走路案に落ち着いていると言う事からして、更なる新案は厳しいのではないのか?

もう良いんじゃないの?現行案で。
相当に時間を掛け、ようやく決まったのが現行案なんだから、現行案で行けば良いんじゃないの?
アメリカ側との交渉は、すでに合意に達しているんだから、スムーズに行くし、どの案だろうが、地元の合意を取り付けるのは大変なのは変わらないし。

次々と新案を出して、一からアメリカと交渉する時間と手間を、沖縄から基地を将来的に減らしていくための本格交渉をしたり、不公平な「地位協定」の見直しに向けるべきなんじゃないのかね?

それとも何かね?新しく総理になると、新案を出したくなるのか?
そう言う事をやったばっかりに、どんどんドつぼにはまった前総理の轍を踏むおつもりなのか?新総理は。

とにかく、早くこの問題に決着をつけて、沖縄の負担軽減に向けた、アメリカや国内の他自治体との、本格的な交渉をやるべきだ、と思うのだよ。

違うかな?

"また「新提案」かよ!<普天間移設問題>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント