テーマ:サッカーと野球

妙な話だ

      カット打法できず…花巻東・千葉、ルールに泣く  第95回全国高校野球選手権大会第13日・準決勝(花巻東0-2延岡学園、21日、甲子園)悔し涙で声が詰まる中でも、これだけは明確に聞き取れた。花巻東・千葉は「ファウルで粘って粘って出塁するのが自分の役割ですが、それを止められました…」。  19日の準々決勝(対鳴門)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

斉藤和巳、引退、退団へ

斉藤リハビリ担当コーチ 今月いっぱいで退団へ 引退試合固辞  右肩手術からの現役復帰を目指していたソフトバンク・斉藤和巳リハビリ担当コーチ(35)が現役復帰を断念したことが28日、分かった。29日にも記者会見し、正式に表明する。  08年に右肩腱板修復手術を行ったが、10年2月に再手術。支配下選手登録から外れた10年末、球…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

まったく懲りない馬韓国

<サッカー東アジア杯>韓国応援席 歴史問題にからむ横断幕  【ソウル大貫智子】ソウルで28日行われたサッカー東アジア・カップ男子日韓戦で、韓国側観客席で歴史問題にからむ横断幕などが掲げられる一幕があった。応援時の政治的主張を禁じた国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反する疑いがある。  試合開始から間もなく、2階から「歴…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

多すぎる

    大島の球宴出場に中日から不満の声  「マツダオールスターゲーム2013」の監督推薦選手が1日に発表されたが、中日では大島洋平外野手(27)が推薦されたことに疑問の声が出ている。1日現在、大島は打率2割4分5厘とセ・リーグの規定打席到達者28人中20位と低迷。さらに“持病”の左ヒジ痛が再発して6月25日の阪神戦(富山)を欠場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランが韓国をFIFAに提訴へ

イラン、韓国をFIFAに提訴…選手への殴打やピッチへの投げ込みに対し  FFIRI(イランサッカー連盟)が、18日に行われたブラジル・ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選の韓国代表とイラン代表の一戦で、韓国側から被害を受けたとしてFIFA(国際サッカー連盟)に対して公式に苦情を申し立て、提訴したとイランメディア『Persi…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザッケローニの改革が必要

   ザックJ 3戦全敗 「言い訳はできない」 サッカー・コンフェデ杯  ■あいまい采配 屈辱の勝ち点「0」   目の前の試合とは関係のないタイミングで歓声がわく。凡戦にしびれを切らしたのか。観衆の関心の的は同時刻開催だったブラジル-イタリアで自国代表が見せたゴールラッシュだった。  日本に突き付けられたのは屈辱の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DFの課題

    内田、ミスをかばう「麻也だけの責任じゃない」  コンフェデレーションズ杯1次リーグA組(19日、イタリア4-3日本、ブラジル・レシフェ)DF内田は後半5分、DF吉田がゴールライン際でボールを奪われると必死に戻ったが、相手のクロスが足に当たってオウンゴールを献上。「麻也(吉田)には麻也の判断がある。  ゴール前の3人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさに「惜敗」だったなあ

日本、イタリア相手に3得点も逆転負け 連敗で敗退が決定/日本代表  日本代表は現地時間19日、コンフェデレーションズカップ・グループリーグ第2戦でイタリアと対戦。2点を先制しながらも逆転を許して3対4で敗れ、2連敗を喫したことでグループリーグでの敗退が決まった。  前半、イタリアを相手に主導権を握り、本田と香川のゴールで2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しいW杯はおあずけ

韓国、イランに敗れるも2位でW杯出場 得失点差でかろうじてウズベク上回る  2014年ワールドカップ(W杯)・ブラジル大会のアジア最終予選が18日に行われ、グループAは韓国代表とイラン代表がW杯出場権を獲得した。韓国は8大会連続9回目、イランは2大会ぶり4回目のW杯出場となる。  韓国・蔚山で行われた韓国とイランの一戦は、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

得たものが無い完敗。ブラジル戦

    またも守備陣崩壊…スピード、駆け引き“別次元”  ◇コンフェデ杯1次リーグA組 日本0―3ブラジル(2013年6月15日 ブラジリア)  タレント軍団に好き放題やられた。ブラジルを相手にまたも守備が崩壊。ザックジャパンで3失点以上を喫したのは、0―4で大敗した昨年10月のブラジル戦以来2度目となった。  川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まず交流戦制覇

ソフトバンクが2年ぶり4度目の交流戦制覇! 楽天逆転負けで決まる  (セ・パ交流戦、ソフトバンク11-4ヤクルト、最終戦、ソフトバンク3勝1敗、13日、ヤフオクドーム)ソフトバンク打線が14安打11得点の大勝で、1分けを挟んで6連勝。この日、交流戦優勝の可能性が残っていた楽天、オリックス、阪神がそろって敗れたため、ソフトバンクが2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みっともない加藤コミッショナー

     公表遅れ、おわび…「飛ぶボール問題」でNPB  プロ野球で使用されている統一球が昨季より反発力が大きいボールになっていたことについて、加藤良三コミッショナーらが12日、東京都内で記者会見を開き、公表が遅れた点について謝罪した。  記者会見した加藤コミッショナーは「変更はないと説明していたが、ボールの芯を取り巻くゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、嘘ついた?プロ野球統一球問題

     プロ野球統一球、飛びやすくなっていた NPB認める  【吉村良二】プロ野球で使われている統一球が、今季からやや飛びやすくなるように仕様が調整されていたことが11日、分かった。日本野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナーから一任を受けたNPB事務局が製造するミズノ社に調整を指示したが、各球団と選手会には説明せず、ミズノ社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5大会連続出場決定

本田、W杯決めた! 日本5大会連続出場、世界最速&ホームで初  サッカー日本代表は4日、2014年ワールドカップ(W杯)・ブラジル大会の出場を決めた。埼玉スタジアムで行われたアジア最終予選のオーストラリア戦に1-1で引き分け、世界最速で5大会連続5度目のW杯切符を手にした。史上初、ホームでW杯出場の歓喜に沸いた。  日本の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

何が違うんだ?メジャーとプロ野球

  藤川「後悔はない」=右肘手術で今季絶望―米大リーグ  【シカゴ時事】米大リーグ、カブスの藤川球児投手(32)が右肘靱帯(じんたい)の損傷で手術を受けることが29日、発表された。復帰には通常1年程度かかるため、今季残り試合の出場は絶望となった。  阪神の抑えのエースとして活躍し、大リーグ1年目に早々と訪れた試練。記者会見し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッカム、引退

ベッカムが今季限りで現役引退「今が相応しい時だと感じている」  パリSGに所属する元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムが、今シーズン限りで現役を引退すると表明した。イギリス『BBC』など、複数メディアが伝えている。  ベッカムは引退表明の際、以下のようにコメントした。 「パリ・サンジェルマンには継続するチャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V・ファーレン、2位に浮上!

     V長崎が今季初の2位浮上  J2第13節(6日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=11試合)V・ファーレン長崎は水戸と0-0で引き分け、7勝4分け2敗の勝ち点25として、今季初めて2位に浮上した。第4節から10試合連続で負けなし。首位攻防戦となった神戸-G大阪は、神戸が2-0で勝ち、勝ち点を30に伸ばして首位を守った。G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大砲ラヘアで5割復帰

【ソフトB】リーグ2冠・ラヘアが逆転3ラン!チームも5割復帰  ◆ソフトバンク3―2日本ハム(23日・ヤフオクドーム) 打った瞬間だった。初回に2点を先取された直後の2死一、三塁。ラヘアのバットから放たれた打球は一直線で右中間スタンドに飛び込んだ。2戦連続の逆転6号3ラン。「直球をしっかり叩けたので行ったと思った」。トップに並ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V・ファーレン、4位キープ

  長崎がホームでスコアレスドロー…連勝ストップも7戦負けなし  J2第10節が21日に行われ、V・ファーレン長崎とコンサドーレ札幌が対戦した。  リーグ戦6戦負けなしで4連勝中と好調の長崎は、ホームで勝ち点3獲得を狙うが、決め手を欠き先制点を奪えない。前半終盤には、前田悠佑、小笠原侑生が札幌ゴールに迫るが、札幌のGK杉山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっとエンジンが

     ペーニャ決めたソフト今季初の3連勝  「楽天5‐6ソフトバンク」(16日、Kスタ)  終盤に粘り、ソフトバンクが逆転で今季初の3連勝とした。4‐4の延長十回、先頭打者の柳田がこの日3本目の安打で出塁。続くペーニャが右中間に勝ち越しの三塁打を放つと、さらにボークを誘い、リードを広げた。開幕4番ながら、不調で7番にまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W杯、持ち越し

    6月4日に豪州戦、引き分けでもW杯出場権獲得  【アンマン=大塚貴司】サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選で日本は26日、ヨルダンにアウェーで1―2と敗れ、5大会連続のW杯出場決定は持ち越しとなった。  日本の次戦は6月4日に行われる豪州戦(埼玉スタジアム)。日本は最終予選初黒星を喫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Ⅴ・ファーレン、J1初勝利!

      長崎J初勝利、歓喜のホーム「上位狙え」  サッカーJ2の第4節で、V・ファーレン長崎がカターレ富山を相手に今季初勝利を収めた20日、試合会場の諫早市の県立総合運動公園陸上競技場に駆けつけたサポーターは歓喜の声を上げた。  長崎は試合開始から積極的に攻め、相次いで好機をつくった。6分に相手守備陣の裏に抜け出した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベンチのミス

    【WBC】内川が涙「全部自分が止め…申し訳ない」  「WBC準決勝、日本1‐3プエルトリコ」(現地時間17日、米国サンフランシスコ・AT&Tパーク)  日本代表の大会3連覇はかなわなかった。0‐3の八回に1点をかえしたが、続く反撃の好機をつぶすなど、あまりに悔しい敗戦となった。  試合を分けたのは八回の攻撃…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3連覇ならず!

まだ終わってないんだけどね。 今日は点が取れない。前健が失った1点は仕方ない。先発投手として十分な仕事をしたし。 早く、1点取ってあげて、楽にさせてやれば良いんだけどね。 能見が1発を浴びて、8回表現在0-3で負けてます。 いま、涌井がピンチを作って、山口にチェンジ。もう6人の投手をつぎ込んだ。  全然構わん。どんどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC高視聴率

<WBC>死闘の台湾戦も30.3%の高視聴率! 瞬間最高は43.0%  野球の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド1組が8日に始まり、大会3連覇を狙う日本代表「侍ジャパン」と台湾の試合が同日に東京ドームで行われ、中継番組(テレビ朝日系)の平均視聴率は30.3%(午後7時8分~11時48分、ビデオリサーチ調…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日から第2ラウンド<WBC>

   WBC2次ラウンド1組1回戦 日本―台湾 (3月8日 東京D)  第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で3連覇を目指す侍ジャパンは8日、B組1位の台湾と2次ラウンドの初戦を迎える。山本浩二監督(66)は初戦必勝を期し、台湾のエース・王建民投手(32)対策として打線に左打者5人を並べることを決断。1番に初め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本は謝罪と賠償を!韓国、1次リーグ敗退

    韓国が逆転勝ちも得失点差で第1次R敗退/WBC  WBC1次ラウンドB組(5日、韓国3-2台湾、台中)韓国が八回に姜正浩の2点本塁打で逆転勝ちをおさめたが、得失点差で台湾を上回ることができず、前回大会準優勝チームがまさかの第1次ラウンド敗退となった。  先発・張元準は三回二死二塁から林智勝に中前適時打を許し1点を先…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

復活なるか?松坂大輔背番号20

   松坂 野球人生初の背番号「20」 「18」はイ軍永久欠番  インディアンスとマイナー契約で合意した松坂大輔投手(32)が、背番号20を付けることが11日(日本時間12日)、分かった。99年のプロ入り以降、西武とレッドソックス、日本代表でも常に18を背負ってきたが、イ軍では永久欠番。球団側の配慮で、同じマイナー契約のルイス・ヘ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

良い組み合わせだ<コンフェデレーションカップ>

    ザック日本“死のA組”ブラジルと開幕戦  各大陸連盟王者などが参加して来年6月にブラジルで行われるコンフェデレーションズ杯の1次リーグ組み合わせ抽選が1日、サンパウロで行われ、日本(FIFAランク24位)はブラジル(同13位)、イタリア(同5位)、メキシコ(同14位)と強豪が並ぶA組に入った。ただ、抽選会に出席した日本代表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V・ファーレン、混乱

       V・ファーレン長崎「J1へ新態勢必要」  来季からサッカー・J2に参戦する日本フットボールリーグ(JFL)のV・ファーレン長崎の宮田伴之社長らは21日、佐野達監督(49)の退任について、諫早市の事務所で記者会見した。宮田社長らは「3年でJ1を目指すため、新たな態勢が必要」と強調した。  クラブは、佐野監督のJ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more