テーマ:政治

質問時間変更は当然の話

野党の質問時間削減に枝野氏反発「とんでもない暴論」  政府・自民党が野党の国会での質問時間を減らすことを検討している問題で、立憲民主党の枝野幸男代表は30日午前、党本部での会合で「とんでもない暴論とも言える主張。一刻も早く取り下げ、建設的な議論ができる状況を作って欲しい。一切、我々として妥協する余地がない」と述べ、検討の中止を要求…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

事実上、民進党再結党へ

 枝野はろくでなしだが頭は良いし、空気を読める。だから、岡田らの無所属の会との院内統一会派を拒否してみせる。岡田もそこを受け入れ、あえて強硬に求めない。そこが選挙中に再結党を言い出した小川敏夫との違い。立民は希望からの脱落者を受け入れないが、代わりに岡田が受け入れると。  で、希望の党の共同代表は大島民進党幹事長もしくは馬鹿の代表…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

めでたさも中くらい

<衆院選>自公で「絶対安定多数」 261議席超す  自民、公明両党の合わせての獲得議席が261議席以上となり、「絶対安定多数」に達した。  ◇安定多数と絶対安定多数  与党が国会運営の主導権を握れる目安。与党が244議席以上を得れば「安定多数」で、衆院の常任委員会の委員長を独占し、全常任委で半数の委員を確保できる。さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ぐちゃぐちゃ

民進リベラル系、新党へ調整=衆院選、3極の争いに【17衆院選】  民進党のリベラル系前衆院議員らは1日、衆院選(10日公示―22日投開票)で希望の党に合流しない候補の受け皿として、新党結成に向けた調整に入った。憲法9条改正や安全保障関連法への反対姿勢を前面に出す考えだ。衆院選は(1)自民、公明両党(2)希望と日本維新の会(3)民進…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

加計問題

 あのね、今回の集中審議、総理はなぜ知った日をあれほど1月20日にこだわるのかわからん。知ったのがもっと早かったとしても、とにかく自分は一切支持していないで突っ張った方がわかり安い。もちろん、去年から知ってたと言うとそれで野党もメディアも大騒ぎするのは、今の状態と大して変わらないが、少なくとも現状よりわかり安い。  ただし、これは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

感覚がずれている<蓮舫戸籍公開民進批判>

  <蓮舫氏戸籍公開>民進、差別助長懸念の声  民進党の蓮舫代表が18日、日本と台湾の「二重国籍」に関連して戸籍謄本の一部などを公開した。党内の一部から東京都議選の敗因の一つになったと指摘され、疑念を払拭(ふっしょく)して執行部の体制を立て直したい思惑からだが、求心力の回復は依然遠いのが現状。記者会見では戸籍公開をあくまで「例外」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中選挙区制復活を

       改正公選法が施行=衆院、新区割りに  衆院小選挙区の区割りを見直す改正公職選挙法が16日、施行された。衆院選の「1票の格差」是正を目的とし、19都道府県の計97選挙区が対象。安倍晋三首相が衆院解散・総選挙に踏み切る上で、制度面の環境が整う。  青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県で小選挙区の定数を各1減。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

それでも蓮舫は公開しない

     蓮舫氏「戸籍示す」=二重国籍問題  民進党の蓮舫代表は11日午後の党執行役員会で、自身が日本国籍と台湾籍の「二重国籍」だった問題について、「戸籍(謄本)を示し、近々説明する」と述べた。  党幹部が明らかにした。  二重国籍問題は昨年9月の代表選の最中に浮上。蓮舫氏は、父親の出身地である台湾籍の離脱手続きを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

当然の結果<内閣支持率暴落>

  内閣支持続落36%…不支持は最高の52%  読売新聞社は7~9日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は36%で、前回調査(6月17~18日)の49%から13ポイント下落し、2012年12月の第2次安倍内閣発足以降で最低となった。  不支持率は52%(前回41%)で最高となった。支持率は2か月で25ポイントの大幅下…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

野党と言う気楽なお仕事

<民進>11日の憲法審査会に応じず 首相答弁などに反発  民進党は9日、衆院憲法審査会の11日の開催に応じない方針を固めた。2020年の改正憲法施行を目指すとした安倍晋三首相の発言などに反発したためだ。憲法審の武正公一野党筆頭幹事(民進)が9日、中谷元与党筆頭幹事(自民)に見送りの意向を伝えた。  武正氏は中谷氏に「こうい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

憲法9条のおかげ

不戦「9条が貢献」75% 安倍政権で改憲「反対」51% 世論調査  共同通信社は二十九日、憲法施行七十年を前に郵送方式で実施した世論調査の結果をまとめた。日本が戦後、海外で武力行使しなかった理由について、戦争放棄や戦力の不保持を定めた「憲法九条があったからだ」とする回答は75%に上った。九条の存在とは「関係ない」は23%だった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

民進党の危機

 「議席ゼロも覚悟」民進都議選候補また3人離党  民進党が東京都議選で公認している候補者の中から、新たに現職都議2人と、新人1人が離党する意向を固めたことがわかった。  週明けにも都連に離党届を提出する。同党の公認候補36人のうち、既に9人が離党届を出しており、離党組は計12人に上ることになる。今回の離党には、都連幹…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

総理、任命責任

  震災巡り失言、今村復興相を更迭…後任に吉野氏  自民党の今村雅弘復興相(70)(衆院比例九州ブロック、当選7回)は25日、東日本大震災について「(発生が)東北だったから、よかった」と発言し、その責任を取って辞任する意向を固めた。  安倍首相の強い意向が働いたもので、事実上の更迭だ。今村氏は26日午前に首相官邸を訪れ、首…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小手先に過ぎる

衆院選 19都道府県、97選挙区の区割り見直し 「一票の格差」1・956倍に  政府の衆院選挙区画定審議会(小早川光郎会長)は19日、選挙区定数を「0増6減」して一票の格差を是正する区割り改定案を安倍晋三首相に勧告した。全国の選挙区のうち、19都道府県97選挙区の区割りを見直す。平成27年の国勢調査で最大2・176倍だった格差は、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

野党の暴論

「森友」質問で打ち切り 野党、態度を硬化  与党は14日に予定していた介護保険関連法改正案の衆院厚生労働委員会での採決を急きょ12日に踏み切った。民進党議員が法案審議と関係のない学校法人「森友学園」(大阪市)に関して安倍晋三首相に答弁を求め、委員会運営が紛糾したことが理由としている。野党は「国会議員の質問権の侵害だ」と反発し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

民進、終末へ

民進・長島昭久議員、離党届提出へ 共産と共闘に不満  民進党の長島昭久・元防衛副大臣(55)=衆院比例東京=が、10日に離党届を提出する意向を固めた。次期衆院選に向け共産党との共闘を進める党方針に不満を募らせてきた背景がある。今後は無所属で活動する方針で、小池百合子都知事を中心とする地域政党「都民ファーストの会」との連携も模索し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

馬鹿な主張

  「戦前回帰」批判当たらず=菅官房長官  菅義偉官房長官は5日午後の記者会見で、教育勅語の教材活用を否定しないとした政府答弁書を野党が「戦前回帰」と批判していることに関し、「指摘は全く当たらない。政府としては現行憲法や教育基本法に沿って適切に対応していくことに尽きる」と反論した。 時事通信 2017年4月5日(水)  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダブルスタンダード

森友学園問題 昭恵夫人と籠池氏妻のメールに民進・辻元氏の名 維新・足立氏指摘に民進・玉木氏反論  日本維新の会の足立康史衆院議員は26日、フジテレビ系「新報道2001」で、安倍晋三首相の昭恵夫人と学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏の妻とのメールのやりとりに、民進党の辻元清美衆院議員が同学園の幼稚園に「侵入しかけた」とあるな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

政府も急ぎすぎだが(IR法案)

「雇用数万人」「ヤミ金横行」カジノ法案、参考人が賛否  カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す議員立法「カジノ解禁法案」を審議する参院内閣委員会で12日、参考人質疑があった。研究者や弁護士ら4人が出席。賛成派は経済効果を強調し、反対派はギャンブル依存症の増加の危険性を指摘した。自民党は会期末の14日の参院本会議で法案…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

無理かつ無意味(日中韓首脳会議)

<日中韓首脳会談>年内困難、朴氏の来日厳しく…日本政府  日本が東京での開催を中国、韓国と調整してきた日中韓首脳会談の年内開催が見送られる見通しとなった。複数の政府関係者が8日、明らかにした。韓国の朴槿恵大統領の弾劾訴追案が9日に採決される見通しとなり、朴氏や代理の来日が難しいと判断した。  日本は19、20両日の首脳会談…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

総理、真珠湾訪問

安倍首相、真珠湾訪問へ=歴代初「未来に不戦の決意」―26日から、オバマ氏と慰霊  安倍晋三首相は5日、今月26、27両日の日程で米ハワイを訪れ、第2次世界大戦で日米開戦の舞台となったホノルル市の真珠湾を訪問すると発表した。  日本の現職首相が真珠湾を訪れるのは初めて。オバマ米大統領とともに犠牲者を慰霊し、併せて最後となる首…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安倍・トランプ会談

   安倍首相、トランプ米次期大統領と会談  【ニューヨーク=田島大志、八角一紀】安倍首相は17日夕(日本時間18日朝)、米ニューヨークでドナルド・トランプ次期大統領と会談した。  会談はトランプ氏が住むマンハッタンのトランプ・タワーで行われた。  首相は、個人的な信頼関係の構築に主眼を置きつつ、日米同盟や自由貿易…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

何をいまさらって感じだが

敗者が100万票以上リード=民主に制度見直し論-米大統領選  【ワシントン時事】米インターネットメディア「クック・ポリティカル・リポート」によると、8日に行われた米大統領選の開票で、民主党候補だったクリントン前国務長官の得票数でのリードが15日、100万票を超えた。  民主党内では、選挙結果は民意を反映していないと批判し、大…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

(祝)蓮舫代表爆誕へ

<民進代表選>蓮舫氏、過半数の勢い 初回投票で決着か  毎日新聞は7日、民進党代表選(15日投開票)について、党所属国会議員、国政選挙公認候補予定者の動向を調査した。また党員・サポーター票と地方議員票の状況を都道府県連幹部らに取材し情勢を探った。蓮舫代表代行(48)がいずれでも優勢に立ち、前原誠司元外相(54)が追う。玉木雄一郎国…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

蓮舫代表へ

     衆院補選に出馬せず=蓮舫氏  民進党代表選に立候補している蓮舫代表代行(参院議員)は4日、福岡県久留米市で記者会見し、10月の衆院東京10区補欠選挙への対応について、「公認候補が決まっているので、しっかり支援していく」と明言し、自らは出馬しない意向を示した。  蓮舫氏は7月の参院選東京選挙区で3選を果たしたばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと一人くらい(民進党代表選)

  前原氏、民進党代表選に出馬へ 蓮舫氏と闘う態勢整う  民進党の前原誠司元外相(54)は24日、9月の党代表選に立候補する意向を固めた。自らが率いる議員グループに加え、岡田克也代表ら現執行部と距離を置く勢力の支援を受け、立候補に必要な20人の推薦人を確保。先行する蓮舫代表代行(48)と闘う態勢が整ったと判断した。25日のグループ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思った以上の党員数<民進党>

民進党 党員ら2万人減 旧民主・維新、合流したのに  民進党の党員・サポーターは24万2907人(6月6日現在)で、旧民主党と旧維新の党の合流前を下回ったことが分かった。目標の30万人に届かず、岡田克也代表は18日の記者会見で「参院選と時期的に重なったので非常に集めにくかった」と弁解した。  昨年度の旧民主の党員・サポ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

民進、終わりの始まりか

<民進党>「蓮舫代表」無投票の動き…非執行部系は反発  9月の民進党代表選で、執行部内に蓮舫代表代行の無投票当選を模索する動きが出ている。現在の執行部の骨格を維持する狙いからだが、非執行部系は代表選後の人事刷新を主張しており、反発を強めている。【朝日弘行、樋口淳也】  非執行部系の細野豪志元環境相は9日、記者団に「新しい代…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

細野、やっぱりヘタレる

   細野氏が出馬見送り…代表選、蓮舫氏支持も示唆  民進党内の保守系の代表格である細野豪志・元環境相は8日、党代表選(9月2日告示・15日投開票)への立候補を見送る方針を固めた。  自らが率いる党内グループの会合を9日に開き、所属議員に説明して理解を求める。今後の対応については、出馬表明した蓮舫代表代行への支持も選択肢と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池知事と自民党本部、和解

小池氏「厳罰」は見送り=関係修復優先、石原氏らは辞任―自民  自民党東京都連の石原伸晃会長(経済再生担当相)ら執行部5人が4日、都知事選大敗の責任を取って辞任する意向を示した。  選挙直後は進退を明確にしていなかったが、ようやくけじめを付けた。一方、党の方針に従わずに立候補した小池百合子都知事や支援者を除名するよう求める声…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more